FC2ブログ
プロフィール

ファラオ南信州

Author:ファラオ南信州
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

信州ネットカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

田舎暮らしは男のロマン?女の不満?
南信州の山里で田舎暮らしをしている団塊の世代です。「田舎暮らし」と聞けば耳障りはいいのですが、生活習慣や価値観の違いで戸惑うこともしばしば。七転八倒、そんな田舎暮らしの様子をお届けいたします。
【キャッシュレス生活(3) 寿司食いたい!】
今日は東京で539人の新型コロナ新規感染者が発生した。
過去最高だそうだ。

それに比べて台湾では7カ月以上国内の新規感染者はゼロ。
これってすごい事。

詳細は → https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201118/k10012719421000.html

テレビで「ガイアの夜明け」の再放送「台湾のコロナ対策」を放送していたが、キモはSARSでの経験のようだ。
それと、政府の一元的で迅速な現実的対策。
人口も少ないし国土も狭いのでこういった対策が打ちやすいのも確かだが、
国民が政府を信用しているからこその政策で、政府が信用できなければ誰も従わない。

この辺りが日本とちょっと違うところ。

ベトナムも感染者は少ないらしいが、台湾とベトナムはあまり大陸中国との仲が良くない。

インバウンド需要を期待していつまでもだらだらと中国からの入国者を規制しなかった我が国。
この事が今の結果を招いているのではないかと私は思っている。
台湾の防疫責任者曰く・・・「新しい感染症はいつも中国からやってくる!」と。
日本の政府もこのことを肝に銘じていただきたい。

さて、今日はどこにも外出しなかった。
家で食事やおやつを食べ、お茶とコーヒーを飲んでだらだら。
しかし・・・こんな生活を何日も続けていると太るよねぇ~。

19日 5,392歩
20日 3,657歩
今日 4,631歩
ここ3日間の万歩計のカウント数だが、意外に今日は歩数が多い。
午前中に木くずを燃やした時の歩数が貢献しているようだが、実感ではそんなに歩いた気がしない。
朝夕の犬の散歩も最近は距離が短くなっているのでだんだん運動不足になってきている。
犬を2頭飼っていたが、そのうちの1頭が死んでしまったので今では1頭になってしまったし、
残った1頭も既に高齢であまり長距離の散歩を必要としなくなってしまった。
その上、自分自身も年を重ねてだんだん長距離が困難になって来た。
それでも、この朝夕の散歩をやめてしまうとほとんど運動しなくなってしまうので、これは続けていかないと。

敷地から一歩も出なかった一日・・・当然、経済活動もゼロなので外で消費した金額はゼロ。
そして、ネット通販での買い物もしていないので、現金であろうとカードであろうとお金は1円も使っていない。
奥方殿も今日は出かけなかったので、我が家全体の消費金額もゼロだ。

たまにはこんな日があっても良い。

外は既に暗くなっているのでこれから出かけることも無いし、今夜はテレビでも見てのんびり過ごそう。
晩酌の習慣がないので、楽しみは食べる事だけ。
今夜の夕食はなんどろう・・・と考えるまでも無く、奥方殿が買物に出かけていないのでいつもの奴だよね。
そう・・・生協で買い置きしてある冷凍食品に違いない。

幸いなことに私は好き嫌いがあまりないのでなんでもおいしくいただけるけど、
それでも何か旨いものが食いたいね。
そうさねぇ・・・生のホンマグロの中トロ握りに生うにの軍艦?。
今は・・・うまい寿司が食いたい。
 
 
【キャッシュレス生活(2) マイナポイント期間延長】
新型コロナウイルスの広がりが停まらない。
今年最後の三連休となるこの3日間は「我慢の三連休」と言う見出しがついた。
旅行業界はキャンセルが相次いで大騒ぎになっているそうだ。

経済再生とコロナ蔓延阻止と言う相反する2つの目標をどう調整していくのか?。
政権の手腕が問われる秋の行楽シーズンである。
年末年始ももうすぐ、どうしても外出が多くなるこの時期に、難しいかじ取りを迫られる。

さて、今日はその三連休の初日・・・私は何も予定がないので家でゴロゴロ。
普段から家でじっとしているのが苦手な我が家だが、
奥方殿は神経質過ぎるほどコロナコロナと大騒ぎをしている割にはお出かけになる。
とは言え、さすがにこの三連休にどこかへ行こうと言う気にはならないらしい。

ところで、今日のネットニュースにこんな記事が出ていた。

マイナポイント来年9月まで延長

今現在でマイナポイントに申し込んだ人は全国で940万人ほどだそうだ。
政府は4千万人分の枠を用意していたのにまだ四分の一にも達していない。
しかし、今のやり方では半年延長したからと言って急激に増えるとは思えないのだが・・・?。
ちなみに、マイナンバーカードの普及率は2割ほどらしい。

mynumber_01.jpg

数年前に「国民総背番号制」を唱えて鳴り物入りでスタートしたこのマイナンバー制度も、
最終目標が「個人資産と所得の把握」とネタバレしてしまっているのでなかなか国民の賛同を得られないようだ。
隠さなければならないような資産が無い我々のような庶民は、
おまけがつくこの機会にマイナンバーカードを取得した方がお得。
どの道いつかは持たされることになってしまうのだから!。
「健康保険はマイナンバーカードにリンク」なんてやられたらその時にはどうしても入手しなければならなくなる。
あまり普及が進まないと、政府は健康保険や運転免許証を人質にとって普及を迫ってくるだろうからね。

ちなみに、こういった自身を証明するIDカードが無い国と言うのは世界でも珍しい。
日本に今までなかったのが不思議なくらいだ。
例えば、外国でホテルに宿泊する時は、外国人ならパスポートを、現地人なら必ずIDカードの提示を要求される。
IDカードを持っていないとホテルにも泊まれないのだ。

しかし・・・このデザイン・・・すっきりしないよねぇ・・・かなりどんくさい。

そうそう・・・マイナポイント5千円って、ちょっとけち臭いよね。
せめて一人1万円・・・イヤ・・・2万円程度を用意したら反響はうんと違っただろうに。
GoToイートの25%クーポンはずいぶん人気らしいが、
1万円当たりわずか2千5百円でも、裏のからくりが見えない仕組みなら庶民は飛びつく。
下心満載のマイナンバーカードなので、にんじんはなるべく大きくておいしそうなのをぶら下げないと・・・ね。
いくら期間を延ばしても、魅力がない施策には庶民はそっぽを向いてしまうのだよ・・・菅君。

今からでも遅くないから・・・1万円・・・いや、2万円にしてくれないかな~。
 
 

【キャッシュレス生活(1) 郵便料金は?】
今日でキャッシュレス生活は3日目。

朝から1件のクライアントを訪問。

用事を済ませたら、ついでに郵便局でハガキを投函する予定。
どうでも良いような懸賞応募だったので、使わずに引出しに入れっぱなしだった古いハガキを引っ張り出して、
不足分の切手を貼って出す予定だった。

しかし、近所の郵便局はキャッシュレスに対応していない。
そう・・・「キャッシュオンリー」なのだ。
実は事前にネットで郵便局のキャッシュレス対応を調べてみたのだが、
都市部の郵便局はキャッシュレスに対応していても田舎の郵便局はまだまだ対応していない。
あらかじめそれがわかっていたので、100円硬貨を一個だけポケットに入れて郵便局へ向かった。

古いはがきは50円額面なので13円也が不足する。
87円のお釣りをもらってハガキは無事投函できたが、残念ながらキャッシュレス生活はここで中断。
う~ん・・・ちょっと残念。

帰りになじみのコンビニへ立ち寄り、コーヒーを1杯購入。
nanacoで支払おうとしたら「ピー」っと残高不足の警告音。
残高を全く気にしていなかったので少々困った。
「ポイント・・・溜まってない?」。
「ポイントがありますのでそれで充当しておきます」。
と言うことで無事に120円のコーヒーをGET。
ポケットの中には先ほどの郵便局のおつり87円だけ。
危うく恥ずかしい目に合うところだった。
まさか120円のコーヒーをクレジットカードで買う訳にも行かないし、現金を持たない生活も結構難しい。

img_nanaco_card.png

帰宅して早速nanacoとPayPayにチャージする方法を調べて見たら、
双方とも現金又は銀行口座からのチャージか、限られたクレジットカードからしかできないことが分かった。
対応するクレジットは
 nanaco:セブンカード
 PayPay:Yahooカード
とチャージできるクレジットカードはそれぞれ1アイテムだけ。
このチャージのためだけに、使う予定の無いないクレジットカードを2枚も発行するのは鬱陶しい。
よって、クレジットカードからのチャージはあきらめ。

unnamed.png

今まで、
 nanacoにはセブンイレブンの店頭で現金でチャージ
 PayPayにはYahooショッピング又はヤフオクでの支払いで得たポイント
だったので、チャージ方法を意識していなかったが、現金以外でチャージしようとするとちょっと面倒。

PayPayは、ソフトバンクのスマホ代金支払いと紐づけできるがそこまでする必要性を感じないし、
今まで通り、Yahoo経済圏でゲットしたポイント分だけ使えれば良しとしよう。
但し、最近、マイナポイント獲得のために楽天カードを発行して楽天市場での買い物が増えたので、
最近はYahoo経済圏から楽天経済圏に移行しつつあり、PayPayのポイントも今あるのを使い切ったらなくなる予定。

nanacoの方は今までと同様、残高が不足した都度店頭で現金チャージをすれば事足りる。
コンビニでの買い物はほとんど千円未満なので、カードケースに千円札を1枚忍ばせておけばとりあえずは大丈夫だろう。
早速千円札を1枚折りたたんでカードケースに入れておいた。

千円を持ち歩くことになったので完全なキャッシュレス生活とは行かないが、
明日から再び「セミキャッシュレス生活」を試してみることにする。

連休明けの24日に愛知県への出張が控えているが、現金を千円だけ持って行って試してみようと思っている。
勿論、いざと言う時のために銀行のキャッシュカードは携帯して行かなければちょっと怖い。

昨今の急激な新型コロナウイルス感染者数の増加を受け、
仕事を済ませたら、あちこちうろうろせずにまっすぐ帰る予定なので、
現金が必要になるようなことはほとんど無いはず。

さて、どこまで現金を使わずに生活できるのか?。
それにしても田舎でのキャッシュレス生活はそこそこ細かな準備が必要になる。
案外、精神衛生的には良くないのかも知れないね。
 
 
【マイナポイントもらったよ】
昨日のキャッシュレス決済の続編です。

今朝の事、奥方殿が買物に行くと言うので一緒に出掛けることに。
市内の大型SCの1階に「珈琲館」と言う喫茶店があって、コーヒーはうまいしモーニングサービスもある。
私は実はそれが目当て。

ところで、奥方殿にはマイナポイントについてそれなりの説明はしてあるが、まだ完璧に理解はしていないようだ。

流通系のカードではイオングループのイオンカードが最も有名だが、ここのSCもUCSカードなる専用カードを発行している。
このカードで決済をすると割引デーには5%の割引が受けられると言うのがウリのカードだ。

ところが、このSCはユニー系で最近「ドン・キホーテ」に吸収されてしまった。
よって、以前から奥方殿が所有しているUCSカードがいつか使えなくなる可能性がある。

と言うことで、マイナポイントの受け皿としてこのSCでもドン・キホーテでも使える電子マネー
「majica」
にマイナンバー」を紐付けた。

今日・・・さっそく2万円をチャージ。
そして買物分の支払いをこの「majica」で済ませ、レシートを確認すると、なんともうポイントが反映されていた。

その上、この「majica」にマイナンバーカードを紐づけすると、おまけが1千ポイント上乗せされて合計6千ポイントが来る。
2万円チャージするとマイナポイントとあわせて6千円分のポイントがもらえると言う・・・かなりの大盤振る舞いだ。
もっとすごいのがイオン系の「WAON」と「イオンカード」で、こちらは2千円分のポイントが上乗せされる。
つまり、2万円チャージするとマイナポイントとあわせて7千円分のポイントがもらえるのだ。
我が家では息子殿の分を「WAON」に紐づけてある。

この辺りのお得なキャンペーンの比較は → https://www.nojima.co.jp/support/koneta/57293/ で確認できる。
いくつかお得なキャッシュレス決済もあるので、自信の行動半径を加味して選んでいただきたい。

いずれにせよ、確実にポイントが付与されることが分かったので報告させていただいた。
但し、来年の3月末日までに手続きを完了しないとマイナポイントはもらえないので要注意。

mynapoint-deadline.png

電子マネーや二次元コード決済などは2万円以上のチャージが完了していること
クレジットカード・デビットカードは2万円以上の決済確認ができる状態になっていること
※決裁確認の日付は決済日付より遅れるので要注意
と言う状況になっている事が必須。

マイナンバーカードが未発行の人はまずマイナンバーカードの申請を。
マイナンバーカードを持っている人は紐づけするキャッシュレス決済を用意して、
さぁ・・・マイナポイントの申請をしようぜ。

年末も近いので家族人数×5千円は庶民にとってはありがたいはずだ。
 
ところで、このSCの店頭で、
「ドン・キホーテとこのCSと両方で使えるクレジットカード」
の申し込みを勧誘していた。
勧誘のおばちゃんにつかまってしまったのでしぶしぶ申し込みをしたのだが、奥方殿は
「カードばかり増えても財布が膨らむだけで使い道がない」
とおっしゃる。
いや・・・おっしゃる通り。
クレジットカードや電子マネー、あるいはいろいろなお店のポイントカードなどで財布は一杯になってしまう。
いざレジでの清算となった時に該当するカードを探すのに一苦労することになる。

「年会費が無料のカードなら持っていても害にはならないので、使わなければ財布から出してしまえば良い」
と私は言うのだが
「これでもかなり家に置いて来たけど」
と言う奥方殿の財布はまだパンパンに膨らんでいる。
福沢諭吉様ご一行で一杯ならうれしいのだが、ポイントカードで財布が一杯なんてあまりうれしくはない。

さて、私はと言えば、このところ現金を持ち歩かない生活を志している。
先日、マイナポイント関連の講習会を開催した折に、かなりキャッシュレス決済の勉強をしたので、
果たしてこの田舎でキャッシュレス生活が可能かどうかのテストを実施しているのだ。

但し、私が持っているキャッシュレス決済の手段は
クレジットカード系国際ブランド
 ・アメリカンエキスプレス(メインで使っている)
 ・マスターカード(サブで使っている)
 ・VISA(銀行系デビットカード)
バーコード系
 PayPay(ソフトバンク系/Yahooのポイント消費用)
 nanaco(セブンイレブン専用)
しかないので、イオンSCなどの流通系にはまったく弱い。
とは言え、食料品や身の回り品の買い物は奥方殿に任せているので私の出る幕は無いから必要はないのだが!。

さて、現金無しでどこまで行けるか?・・・田舎はカードなどが使えないところが多いからねぇ?。
先日も使える筈のカードが使えなくて現金で支払う羽目になった店もあったので、
全く現金を持たないと言うのも少々不安ではあるのだが・・・?。 
 
 
【キャッシュレス決済】
政府が躍起になって普及を推進する「マイナンバーカード」。
今は「マイナポイント進呈」なる普及に向けてのキャンペーン実行中である。

これは、マイナンバーカードの所有者が自身で利用しているキャッシュレス決済とナイナンバーを紐づけし、
5千円分のポイントを上限に利用金額の25%のポイントを政府が付与すると言う、
最近はやりのGoToイートに似たキャンペーン。
このポイントは付与されたキャッシュレス決済で1ポイント1円で利用可能なので、つまり現金と変わらない。
が・・・現金ではないところがミソで、これを機にキャッシュレス決済の普及促進も狙おうと言う2兎を追うキャンペーンなのだ。

img_mv_07.png


OECD加盟の先進国の中で、キャッシュレス決済の普及状況だけを見れば日本が一番遅れていると言う。
ドイツも他の諸国と比べればあまり普及していないそうだ。
日独両国とも共通項は多く、どうやら「職人気質」で「政府発行の紙幣の信用度」が高いとキャッシュレス決済は遅れるようだ。

キャッシュレス決済の方法は
 ・クレジットカード
 ・デビットカード
 ・電子マネー
 ・プリペイドカード
 ・二次元バーコード決済
等があるが、私が主に利用しているのがクレジットカードと電子マネー。

デビットカードは、1年ほど前に海外で使用した時に番号等を盗まれたらしく、不正利用されてしまったので、
それ以降、利用限度額をほぼゼロに設定してあって、今はほとんど利用できなくなっている。
二次元バーコード決済は「PayPay」を時折利用しているが、
これはYahooで買い物をするとポイントが「PayPay」で付与されるので、そのポイント分だけを使っている。

電子マネーはセブンイレブンの「nanaco」をよく利用する。
我が家から最も近いコンビニがセブンイレブンなので使用頻度は高い。
アプリと連携させると、
 ・弁当50円引き
 ・コーヒー10杯で1杯無料
 ・おにぎり10個で1個無料
などをはじめ、時折キャンペーンで色んな商品の無料クーポンも届くのでちょっとうれしい。

ところで件のマイナポイント・・・。
我が家は4人家族ながら、娘はマイナンバーカードを発行していないので実質3人がキャンペーンの対象となる。
5千円×3人=1万5千円分のポイントが付与される。
これも・・・まぁ・・・かなりうれしい。

が、キャッシュレス決済との紐づけに苦労する。
と言うのも、ナショナルブランドと言われるクレジットカード管理会社が協賛しておらず、
VISAとかMastarCardとかナショナルブランドでは紐づけができない。

card.jpg

クレジットカード発行会社別の協賛となるので、
所有しているクレジットカード発行会社が協賛していないと紐づけができないのだ。
大手発行会社で協賛しているのは
 ・楽天カード
 ・AEONカード
 ・三井住友カード
 ・オリコカード
 ・dカード(NTTドコモ)
 ・auカード
くらいのもので、他の発行会社は当地で所有している人がほとんどいそうにないローカルのカード。

電子マネーの
 ・nanaco(セブンイレブン・西部系)
 ・WAON(イオン系)
 ・majica(ドン・キホーテ・ユニー系)
も協賛しているが、同じ協賛している
 ・SUICA(JR東日本系)
 ・ICOCA(JR西日本系)
は多分所有している人はこの近辺にはいないだろう。

さて、ポイントの付与の方法だが、
 クレジットカード・デビットカード 利用金額の25%(5千円分上限)
 電子マネー・プリペイドカード・二次元バーコード決済 チャージ金額の25%(5千円分上限)
とされている。
電子マネー・プリペイドカード・二次元バーコード決済などは2万円チャージすると5千円分のポイントが翌月頃に付与される。
クレジットカードは利用金額に応じてポイントが付与される。

これを見るとクレジットカードなどの方が使いやすそうな気がする。
先にチャージする必要が無く、利用金額ごとにポイントが付与されるので余計な金額を支払う必要が無い。

と言うことで、我が家はクレジットカードに紐づけしようと考えたのだが、
私たちの所有しているカードはアメリカンエキスプレスなので対象外。

仕方がないので、私は急遽「楽天カード」を発行してそのカードに紐づけ。
奥方殿はユニー系列の「アピタ」での買い物が多いので「majica」に紐づけ。
息子殿の分はあまり利用しないとは言え、月に1度はAEONに必ず訪れるのでWAONに紐づけ。

と準備は整ったのだが、このコロナ過であまり出かけないので、それにつれてクレジットカードを使用するタイミングも無く、
なかなか2万円を利用できないでいる。

奥方殿はせっせと買い物にお出かけになっているので2万円をチャージしてもすぐに消費してしまうに違いない。
問題はWAONに紐づけした息子殿分だが、果たして2万円をチャージしても使いきれるかどうか?。
が、ガソリンスタンドなどでも利用できそうなので何とか消費できるだろう。

いずれにせよ、マイナンバーカードを既に発行していたのでスムースに手続きが済んだ。
私たちは当地へ引っ越してきたので本籍地が県外にある。
数年前に、パスポートの期限が切れてしまったのに気が付かず、それの再発行に戸籍謄本が必要になったのだが、
前の居住地の市役所に郵送で依頼して結構時間がかかった。
その時に「マイナンバーカードがあればコンビニでも取得できる」ことを教えてもらったので、そのタイミングで発行していた。

マイナンバーカードは申し込んでから発行されるまでそこそこ日数が必要なので、まだの方はお早めに申し込むことをお勧めする。

img_myna_intro.png

今回の「マイナポイント」は1世帯ではなく一人一人、つまり家族全員分がもらえるのだから放っておく手は無い。
ゼロ歳児でも90歳のおじいちゃんでも5千円分のポイントがもらえるのだ。

先日の「一人10万円の給付金」の時に4人家族なら40万円がもらえたのと同様で、
5千円分×家族人数分なので家族構成人数が多いと結構な金額になる。

国は予算を組んでいるので、我々が支払った税金から給付されることになるので、もらわない手は無い。
と言うことで「マイナポイント」のお話でした・・・!。