fc2ブログ
プロフィール

ファラオ南信州

Author:ファラオ南信州
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

信州ネットカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

田舎暮らしは男のロマン?女の不満?
南信州の山里で田舎暮らしをしている団塊の世代です。「田舎暮らし」と聞けば耳障りはいいのですが、生活習慣や価値観の違いで戸惑うこともしばしば。七転八倒、そんな田舎暮らしの様子をお届けいたします。
【久しぶりの積雪40センチ】
「東京でも積雪の予想」などとワイドショーで盛んに言っていたが、当地の天気予報ではそれほどの積雪は予想されていなかった。
しかし、10日の早朝から降り出した雪は日中になっても降りやまず、朝・夕の2度ほど雪かきをしたが、それでもこのありさま。

一夜明けた今朝は抜けるような青空が広がり、ご覧のような冬晴れ。
気温も上がり暖かな朝になったが、昨日来の積もった雪の処理が大変。

021001.jpg

梅の古木に積もった雪は、梅の花が一斉に咲いたようで華やか。

021002.jpg

しかし、山陰になっているこの道は終日日が当たらず、いつまでも雪が解けずに凍り付いてしまう。
以前は犬たちと朝晩散歩していた懐かしい小径なのだが・・・!。

021003.jpg

奥方殿のクルマは雪に埋もれてご覧のあり様。
ルーフに積もった雪の厚さは約40センチ。
積もった直後なら簡単に滑り落ちてくれるが、一日中降り続いた雪は自重で圧縮されてしまい、画像の自動車用雪下ろしでは簡単には落とせない。

021004.jpg

晴天で少しは気温が上がる今日、一日でどこまで解けてくれるのか?。
天気予報によると明朝の最低気温はマイナス6度。
雪解け水が明け方の冷え込みで凍り付くと斜面は滑るので歩くのも危ない。

冬の山里の暮らしは大変なのだ。



【寒い地域はめちゃくちゃお金がかかる】
当地の朝は連日の氷点下。
それもマイナス9度とか10度とか、並の冷たさではない。
そんな状況になるなんて知らなかった当地へ引っ越して来たばかりの頃は、夜に風呂の窓を開け放って眠ってしまい、朝、蛇口が凍って破裂しているのにも気が付かず、気温が上がるとともに蛇口の氷が溶けだして水が噴き出し大洪水、あたり一面水浸しになってしまったこともあった。
寒い夜は、風呂にも入れず大変な思いをした日のことを思い出す。

昨年までは寒さをしのぐために薪ストーブを燃やしていたが、今年は夏の間に薪の準備ができず、この寒さの中、我が家の薪ストーブはただの「置物」と化してしまった。
代わりにと大きめの寒冷地仕様のエアコンを導入したのだが、寒冷地仕様とは言え外気が氷点下にまで下がるとその働きぶりは一気に鈍くなり、結局は灯油ファンヒーターとの二重稼働でしのぐことになってしまう。

う~ん・・・薪ストーブの威力を改めて再確認。

「アリとキリギリス」ではないけれど、夏の間にせっせと冬支度をしておかないとこんな目に合ってしまうのだ。
かように・・・かように・・・今年の冬は寒い。

その上、ご多分に漏れず、当地でも新型コロナウイルスの感染者が急増。
出かけることもままならず、家にこもっているのでエアコンのスイッチは入りっぱなし。
と言う事で、このエアコンの電気消費量はぐんぐん増えて、歴代の電気代を月毎に更新している。

かと言って夏が涼しいかと言うと、最近は最高気温が30度を優に超える日も少なく無く、特別涼しいと言うことも無い。
確かに湿度が低く蒸し暑さからは解放されるが、真夏の気温は東京あたりとはそんなに違わない。
結局真夏には冷房のためにエアコンを使わざるを得ず、光熱費は夏だからと言って大きくは下がらない。

いやぁ・・・寒い地域は本当にお金がかかるねぇ。










【一度は臨場したい】
台北101の年越しカウントダウン。
毎年恒例・・・きらびやかで豪快な花火が有名。
しかし、日本ではきっと許可されない。
台北101があるここは比較的新しい繁華街で、デパートや高級ホテルが密集している地域。
道路幅は広いがそれでもビル街だ。

日本で例えるなら「海の無い横浜みなとみらい」かな?。

そんな繁華街でこの花火。


毎年すごい人出だそうだが、一度で良いからその場に居合わせたい。

それでもこうして動画で見られるのはありがたい。

コロナが明けたら行って見たいね。



【あっという間に今年も終わり】
いよいよ押し迫って来た・・・今年も残すところ僅か11日。
「光陰矢の如し」と言うが、齢を重ねると「時間が進む速度」にターボが効いて、ますます速くなるような気がする。
特に何をしたと言う記憶もないままに、今年もあっという間に過ぎ去り、知らず知らずのうちに人生の終点に近づいているかと思うと、心穏やかでは居られない。

ところで、このところ当地はめちゃくちゃに寒い。
時折白い物も舞い、山の景色も画像の通り。

20211220_084610.jpg

今朝はあまりに見事な冬晴れで、遠くの山々の雪化粧が近くに見える。
寒くなると、背中が丸くなるし、出不精にもなる。
コロナ禍で、家でじっとしているのに慣れてしまった上にこの寒さ。
出かけるのが億劫になってしまった。

こんな時こそどこかへ出かけておいしい物でも食べたいのに、体だけでなく、心も年老いてしまったのかなぁ?。
ああ・・・いやだいやだ。



【台北でレストランバス・・・高級ホテルの食事を提供】
台湾の新型コロナウイルス国内感染者数のゼロが続いている。
海外からの到着で空港で陽性者が見つかる以外はこのところ国内での新規感染者はいない。
日本の新規感染者数も激減していて、この調子で行けば年明けには訪台が可能になるかと期待していたその矢先・・・オミクロン株とやらが新たに見つかって、台湾ファンの期待もむなしく、しばらく台湾旅行はお預けとなりそうだ。

少々落胆していたらFaceBookにこんな記事が・・・!
「台北でレストランバスの運行開始 高級ホテルの食事を提供」
2階建ての観光バスの2階部分で、昼はアフタヌーンティーを、夜はディナーが味わえるのだそうだ。
それもあの「リージェント・タイペイ」提供なんだって。
いいね、いいね・・・!。


もしも台北へ行けるようになったら絶対チャレンジしたい。