FC2ブログ
プロフィール

ファラオ南信州

Author:ファラオ南信州
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

信州ネットカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

田舎暮らしは男のロマン?女の不満?
南信州の山里で田舎暮らしをしている団塊の世代です。「田舎暮らし」と聞けば耳障りはいいのですが、生活習慣や価値観の違いで戸惑うこともしばしば。七転八倒、そんな田舎暮らしの様子をお届けいたします。
【キャッシュレス生活(1) 郵便料金は?】
今日でキャッシュレス生活は3日目。

朝から1件のクライアントを訪問。

用事を済ませたら、ついでに郵便局でハガキを投函する予定。
どうでも良いような懸賞応募だったので、使わずに引出しに入れっぱなしだった古いハガキを引っ張り出して、
不足分の切手を貼って出す予定だった。

しかし、近所の郵便局はキャッシュレスに対応していない。
そう・・・「キャッシュオンリー」なのだ。
実は事前にネットで郵便局のキャッシュレス対応を調べてみたのだが、
都市部の郵便局はキャッシュレスに対応していても田舎の郵便局はまだまだ対応していない。
あらかじめそれがわかっていたので、100円硬貨を一個だけポケットに入れて郵便局へ向かった。

古いはがきは50円額面なので13円也が不足する。
87円のお釣りをもらってハガキは無事投函できたが、残念ながらキャッシュレス生活はここで中断。
う~ん・・・ちょっと残念。

帰りになじみのコンビニへ立ち寄り、コーヒーを1杯購入。
nanacoで支払おうとしたら「ピー」っと残高不足の警告音。
残高を全く気にしていなかったので少々困った。
「ポイント・・・溜まってない?」。
「ポイントがありますのでそれで充当しておきます」。
と言うことで無事に120円のコーヒーをGET。
ポケットの中には先ほどの郵便局のおつり87円だけ。
危うく恥ずかしい目に合うところだった。
まさか120円のコーヒーをクレジットカードで買う訳にも行かないし、現金を持たない生活も結構難しい。

img_nanaco_card.png

帰宅して早速nanacoとPayPayにチャージする方法を調べて見たら、
双方とも現金又は銀行口座からのチャージか、限られたクレジットカードからしかできないことが分かった。
対応するクレジットは
 nanaco:セブンカード
 PayPay:Yahooカード
とチャージできるクレジットカードはそれぞれ1アイテムだけ。
このチャージのためだけに、使う予定の無いないクレジットカードを2枚も発行するのは鬱陶しい。
よって、クレジットカードからのチャージはあきらめ。

unnamed.png

今まで、
 nanacoにはセブンイレブンの店頭で現金でチャージ
 PayPayにはYahooショッピング又はヤフオクでの支払いで得たポイント
だったので、チャージ方法を意識していなかったが、現金以外でチャージしようとするとちょっと面倒。

PayPayは、ソフトバンクのスマホ代金支払いと紐づけできるがそこまでする必要性を感じないし、
今まで通り、Yahoo経済圏でゲットしたポイント分だけ使えれば良しとしよう。
但し、最近、マイナポイント獲得のために楽天カードを発行して楽天市場での買い物が増えたので、
最近はYahoo経済圏から楽天経済圏に移行しつつあり、PayPayのポイントも今あるのを使い切ったらなくなる予定。

nanacoの方は今までと同様、残高が不足した都度店頭で現金チャージをすれば事足りる。
コンビニでの買い物はほとんど千円未満なので、カードケースに千円札を1枚忍ばせておけばとりあえずは大丈夫だろう。
早速千円札を1枚折りたたんでカードケースに入れておいた。

千円を持ち歩くことになったので完全なキャッシュレス生活とは行かないが、
明日から再び「セミキャッシュレス生活」を試してみることにする。

連休明けの24日に愛知県への出張が控えているが、現金を千円だけ持って行って試してみようと思っている。
勿論、いざと言う時のために銀行のキャッシュカードは携帯して行かなければちょっと怖い。

昨今の急激な新型コロナウイルス感染者数の増加を受け、
仕事を済ませたら、あちこちうろうろせずにまっすぐ帰る予定なので、
現金が必要になるようなことはほとんど無いはず。

さて、どこまで現金を使わずに生活できるのか?。
それにしても田舎でのキャッシュレス生活はそこそこ細かな準備が必要になる。
案外、精神衛生的には良くないのかも知れないね。
 
 
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://shinsyunet.blog.fc2.com/tb.php/626-1330ac27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)