FC2ブログ
プロフィール

ファラオ南信州

Author:ファラオ南信州
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

信州ネットカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

田舎暮らしは男のロマン?女の不満?
南信州の山里で田舎暮らしをしている団塊の世代です。「田舎暮らし」と聞けば耳障りはいいのですが、生活習慣や価値観の違いで戸惑うこともしばしば。七転八倒、そんな田舎暮らしの様子をお届けいたします。
【キャッシュレス決済】
政府が躍起になって普及を推進する「マイナンバーカード」。
今は「マイナポイント進呈」なる普及に向けてのキャンペーン実行中である。

これは、マイナンバーカードの所有者が自身で利用しているキャッシュレス決済とナイナンバーを紐づけし、
5千円分のポイントを上限に利用金額の25%のポイントを政府が付与すると言う、
最近はやりのGoToイートに似たキャンペーン。
このポイントは付与されたキャッシュレス決済で1ポイント1円で利用可能なので、つまり現金と変わらない。
が・・・現金ではないところがミソで、これを機にキャッシュレス決済の普及促進も狙おうと言う2兎を追うキャンペーンなのだ。

img_mv_07.png


OECD加盟の先進国の中で、キャッシュレス決済の普及状況だけを見れば日本が一番遅れていると言う。
ドイツも他の諸国と比べればあまり普及していないそうだ。
日独両国とも共通項は多く、どうやら「職人気質」で「政府発行の紙幣の信用度」が高いとキャッシュレス決済は遅れるようだ。

キャッシュレス決済の方法は
 ・クレジットカード
 ・デビットカード
 ・電子マネー
 ・プリペイドカード
 ・二次元バーコード決済
等があるが、私が主に利用しているのがクレジットカードと電子マネー。

デビットカードは、1年ほど前に海外で使用した時に番号等を盗まれたらしく、不正利用されてしまったので、
それ以降、利用限度額をほぼゼロに設定してあって、今はほとんど利用できなくなっている。
二次元バーコード決済は「PayPay」を時折利用しているが、
これはYahooで買い物をするとポイントが「PayPay」で付与されるので、そのポイント分だけを使っている。

電子マネーはセブンイレブンの「nanaco」をよく利用する。
我が家から最も近いコンビニがセブンイレブンなので使用頻度は高い。
アプリと連携させると、
 ・弁当50円引き
 ・コーヒー10杯で1杯無料
 ・おにぎり10個で1個無料
などをはじめ、時折キャンペーンで色んな商品の無料クーポンも届くのでちょっとうれしい。

ところで件のマイナポイント・・・。
我が家は4人家族ながら、娘はマイナンバーカードを発行していないので実質3人がキャンペーンの対象となる。
5千円×3人=1万5千円分のポイントが付与される。
これも・・・まぁ・・・かなりうれしい。

が、キャッシュレス決済との紐づけに苦労する。
と言うのも、ナショナルブランドと言われるクレジットカード管理会社が協賛しておらず、
VISAとかMastarCardとかナショナルブランドでは紐づけができない。

card.jpg

クレジットカード発行会社別の協賛となるので、
所有しているクレジットカード発行会社が協賛していないと紐づけができないのだ。
大手発行会社で協賛しているのは
 ・楽天カード
 ・AEONカード
 ・三井住友カード
 ・オリコカード
 ・dカード(NTTドコモ)
 ・auカード
くらいのもので、他の発行会社は当地で所有している人がほとんどいそうにないローカルのカード。

電子マネーの
 ・nanaco(セブンイレブン・西部系)
 ・WAON(イオン系)
 ・majica(ドン・キホーテ・ユニー系)
も協賛しているが、同じ協賛している
 ・SUICA(JR東日本系)
 ・ICOCA(JR西日本系)
は多分所有している人はこの近辺にはいないだろう。

さて、ポイントの付与の方法だが、
 クレジットカード・デビットカード 利用金額の25%(5千円分上限)
 電子マネー・プリペイドカード・二次元バーコード決済 チャージ金額の25%(5千円分上限)
とされている。
電子マネー・プリペイドカード・二次元バーコード決済などは2万円チャージすると5千円分のポイントが翌月頃に付与される。
クレジットカードは利用金額に応じてポイントが付与される。

これを見るとクレジットカードなどの方が使いやすそうな気がする。
先にチャージする必要が無く、利用金額ごとにポイントが付与されるので余計な金額を支払う必要が無い。

と言うことで、我が家はクレジットカードに紐づけしようと考えたのだが、
私たちの所有しているカードはアメリカンエキスプレスなので対象外。

仕方がないので、私は急遽「楽天カード」を発行してそのカードに紐づけ。
奥方殿はユニー系列の「アピタ」での買い物が多いので「majica」に紐づけ。
息子殿の分はあまり利用しないとは言え、月に1度はAEONに必ず訪れるのでWAONに紐づけ。

と準備は整ったのだが、このコロナ過であまり出かけないので、それにつれてクレジットカードを使用するタイミングも無く、
なかなか2万円を利用できないでいる。

奥方殿はせっせと買い物にお出かけになっているので2万円をチャージしてもすぐに消費してしまうに違いない。
問題はWAONに紐づけした息子殿分だが、果たして2万円をチャージしても使いきれるかどうか?。
が、ガソリンスタンドなどでも利用できそうなので何とか消費できるだろう。

いずれにせよ、マイナンバーカードを既に発行していたのでスムースに手続きが済んだ。
私たちは当地へ引っ越してきたので本籍地が県外にある。
数年前に、パスポートの期限が切れてしまったのに気が付かず、それの再発行に戸籍謄本が必要になったのだが、
前の居住地の市役所に郵送で依頼して結構時間がかかった。
その時に「マイナンバーカードがあればコンビニでも取得できる」ことを教えてもらったので、そのタイミングで発行していた。

マイナンバーカードは申し込んでから発行されるまでそこそこ日数が必要なので、まだの方はお早めに申し込むことをお勧めする。

img_myna_intro.png

今回の「マイナポイント」は1世帯ではなく一人一人、つまり家族全員分がもらえるのだから放っておく手は無い。
ゼロ歳児でも90歳のおじいちゃんでも5千円分のポイントがもらえるのだ。

先日の「一人10万円の給付金」の時に4人家族なら40万円がもらえたのと同様で、
5千円分×家族人数分なので家族構成人数が多いと結構な金額になる。

国は予算を組んでいるので、我々が支払った税金から給付されることになるので、もらわない手は無い。
と言うことで「マイナポイント」のお話でした・・・!。
 
 
 






スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://shinsyunet.blog.fc2.com/tb.php/624-b6ced6ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)