FC2ブログ
プロフィール

ファラオ南信州

Author:ファラオ南信州
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

信州ネットカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

田舎暮らしは男のロマン?女の不満?
南信州の山里で田舎暮らしをしている団塊の世代です。「田舎暮らし」と聞けば耳障りはいいのですが、生活習慣や価値観の違いで戸惑うこともしばしば。七転八倒、そんな田舎暮らしの様子をお届けいたします。
【マレイシア・ベトナム(ホイアン-1)】
奥方殿のたっての希望だったベトナムフレンチの夕食が空振りに終わり、
ガッカリ気分でホテルへご帰還。

例の靴無理やり修理事件と言い、今回のタクシーぼったくり事件と言い、
観光地だから仕方がないとはいえハノイ人のせこさにちょっとうんざり。

今思えば、あの女子大生ガイドもチップ目当てだったんだろうな~。
チップ当然みたいなそぶりだったような・・・?。

そんなこんなでちょっとハノイが遠くへ行ってしまったような気がする。

さて、気を取り直して、ハノイからダナンへ飛び、その足でホイアンへ向かう。
ハノイノイバイ空港へ戻り、今度は国内線のLCCジェットスターパシフィックでダナンへ。

30-51.jpg

LCCは受託荷物が有料なので、予約時点で20キロを2個登録しておいた。
この段階になるとお土産もそこそこ増えるのではと予想して登録しておいたのだが、実はお土産はまだ何一つ買って無い。
「ホイアンからダナンの空港へ行く時にスーパーにでも寄って買えばいいか?」
などと気楽に構えていたのと、色々とハプニングもあってお土産にまで気が回らなかった。

と言うことで、実際には20キロの荷物を2個預け入れ可能なのだが1個しかないので片道分は払い損。

ノイバイ空港からダナン空港へはおよそ1時間20分ほどのフライト。
そして、降り立ったダナン空港では大粒の雨のお出迎え。

ホイアンのホテルにはダナン空港でのピックアップを頼んでおいたので迎えが来ているはず。
予定通り、国内線到着ロビーの出口に私の名前を書いたカードを持っているおじさんがいた。

が・・・残念ながら彼もベトナム語オンリーで「シンチャオ・・・プニョプニョ」であいさつを交わして後は無言。
夕方のダナンからホイアンへの道中はずーと雨に降られっぱなしで、
「これじゃぁ、今夜のナイトマーケットはダメかな~」
と不安になる。

まだ完全に暗くなる前にホテルへ到着したが、ちょうどその時には雨が上がり、辛うじて夜の観光はできそうだ。
予約したホテル「ラルーナホイアン」は小ぶりながらも新しくておしゃれなホテルで、ホイアン旧市街まで徒歩圏内。
とは言え少し離れているので静かだし、そして、文字通りのリバーサイドホテルなのだ。

31-01.jpg

トリプルの客室も広く清潔で申し分なし。
フロントのお姉さま方もにこやかで親切だし、なかなかの好印象。
それもそうだよね、1泊1万円だもの。
周囲にも似たようなたたずまいのホテルが多くあるが、ここが一番新しそう。
よほどホイアンは雨が多いのか、部屋には雨傘が用意されていた・・・こんなことは初めての体験。

客室に荷物を置くと待ちきれないとばかりに「サァーてと、行くぞ」と私。
今夜が今回の家族旅行の最後の夜である。
そして、川面に映る色とりどりのランタンが対岸に見える。

31-00.jpg

橋の上には多くの観光客の姿。
幸いなことに雨は上がり、一気に涼しくなったホイアンの夜は食べ歩きには最高なのだ。

南国の夕日は落ちるのが早い。
あっという間に薄暗くなり、両岸のランタンの色が鮮やかに変化する。
狭い橋を行きかう人の影が水面に揺れて、ロマンチックな夜のホイアンが登場した。

観光客は白人系が多いが韓国人も多い。
日本人にも人気のホイアンだが、案外日本人が少ないのには少々驚き。

町中どこに行ってもランタンが飾られていてこれはきれい。
と言いながら、ランタンの画像は無し・・・暗くてうまく撮れなかったのだ。

いやぁ・・・ここは来てよかった・・・奥方殿も息子殿もお喜びのようだ。
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://shinsyunet.blog.fc2.com/tb.php/590-7c17683d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)