FC2ブログ
プロフィール

ファラオ南信州

Author:ファラオ南信州
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

信州ネットカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

田舎暮らしは男のロマン?女の不満?
南信州の山里で田舎暮らしをしている団塊の世代です。「田舎暮らし」と聞けば耳障りはいいのですが、生活習慣や価値観の違いで戸惑うこともしばしば。七転八倒、そんな田舎暮らしの様子をお届けいたします。
【マレイシア・ベトナム(ハノイ-4)】
息子のスマホが壊れて「GRAB」が使えなくなり、タクシーでフレンチレストランへ向かうことになった。

ネットであらかじめ住所は調べてあるので、メモして運転手に渡したら「500円」で目的地まで行くと言う。
少し高いなとは思ったが、こちらは観光客であちらは専業ドライバー、
お金を使って遊んでいる身と生活を支えるために稼いでいる立場とでは真剣味が違う。
「このくらいは仕方がないか?」と納得してそのタクシーに乗り込んだ。

30-46.jpg
※夕闇に包まれるホアンキエム湖沿いの道路

ものの5分で「ここだよ」と降ろされた場所はどこか見覚えがある風景。
とは言え、あたりは薄暗くなっていて右も左もわからない。
繁華街なので人通りは多く、行き当たりばったりで住所を頼りに聞いては見るも、
人によって、「あっちだ」…「こっちだ」と言うことが違う。

最駐車場のガードマンみたいなおじさんに聞いたら、
「そこの角を右に曲がってすぐだ」
と身振り手振りで教えてくれた。

が・・・・・そこは・・・・薄暗くて狭い路地。
行けども行けどもフレンチレストランがありそうな気配は無い。
どんどん古びた住宅地の奥へ向かっていく。

腹は減ってくるわ、奥方殿のご機嫌は悪くなってくるわ、さすがに私もちょっと困った。

ところで、ハノイでのこういった住宅地の生活道路には、
必ず小さなテーブルと子供用みたいな可愛い椅子が並べてあって、
地元のおばちゃんやらおじさんやらが熱々の麺をすすっているが、
この狭い路地にも何軒かそんな麺の屋台食堂が店を開いている。

中学生ほどの女の子が二人、おいしそうに麺を食べているテーブルがあった。
「腹減ったなぁ・・・レストラン、見つからないからこれ食べてかない?」。
「しょうがないねぇ・・・大丈夫かな・・・腹壊さない?」。
「大丈夫さ、こんなかわいい子たちだって食べてる」。

座って麺をすすっているお嬢ちゃんに身振り手振りで「同じものを食べたい」と伝えたら、
向かい側の店のおばちゃんに何やら伝えに行ってくれた。

おばちゃんがやって来てホニャホニャとベトナム語で何か言うが全く理解不能。
指を3本立てて「スリー」と言ったらわかってくれたみたい。
女の子たちも食べ終わるや「ここへ座って」と席を開けてくれた。

日が落ちて薄暗くなったうらぶれた路地裏で、
外人の大人3人が麺をすするのを地元の人が興味津々で見ている。

食べ終わった女の子たちが何か聞いてくる。
どうやら「ナニ人か?」で揉めていたらしい?。
「ジャパン?」。
「イエース、ジャパニーズ」
日本人だと言い張っていたのか、「ほーら、私の言うとおりだった」とか自慢げに言っている。

ところでこの麺・・・メッチャクチャうまい。
スープの出汁自体はさっぱり系だが、濃厚なカニ味噌風の味が絡み、
縮れ麺とよく合う。
具にはソーセージや油揚げ、地元のシャキシャキした野菜などが入っていて、
いや・・・ホント・・・フレンチレストランが見つからなくてよかったと思えるような極上の麺料理だった。

日本のラーメン1杯分ほどの大きさの丼だったが、量的にも質的にも満足度は高く、
3人とも十分お腹を満たされた。

「ハウマッチ」などと英語で言ってもニコニコ笑うだけのおばちゃん。
それでも「お勘定」と言うのはわかったらしく、
実際の札を並べて「XXXXX」と言う。

「ウン?・・・なに?・・・エッ?・・・本当に?」。
おばちゃんが提示した金額は、3人分で日本円にしておよそ400円・・・安ッすい。
味良し、量良し、値段良し・・・日本でこの店やったら絶対流行る・・・?。
がこの値段ではもうからないよね?。

いやぁ・・・良かった良かった。
「ちょっとぉ・・・フレンチはまた無し?」。
「もう腹いっぱいじゃん、この次だね」。

さて、帰りもタクシーを拾わなくちゃ・・・と言うことでタクシーを捕まえたら、今度はメーターで行ってくれると言う。
往路はメーター無しで500円だったが帰路は同じ距離をメーターを使ったら250円だった。
やはりぼられていた。
こうしてわかってしまうと、嫌になるね・・・結果、ベトナムの印象も悪くなる。
メーター・・・ついてるんだから使わないと・・・ねぇ。
 
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://shinsyunet.blog.fc2.com/tb.php/589-83183c07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)