FC2ブログ
プロフィール

ファラオ南信州

Author:ファラオ南信州
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

信州ネットカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

田舎暮らしは男のロマン?女の不満?
南信州の山里で田舎暮らしをしている団塊の世代です。「田舎暮らし」と聞けば耳障りはいいのですが、生活習慣や価値観の違いで戸惑うこともしばしば。七転八倒、そんな田舎暮らしの様子をお届けいたします。
【マレイシア・ベトナム(ハノイ-3)】
大学生のボランティアガイドとの約束は2時30分。
ホテルへ迎えに来てくれるはずなのでいったんホテルに戻る。

ロビーで待っていると、清楚なお嬢さんが一人やってきた・・・掃き溜めに鶴状態?。
そして、フロントに私の名前を告げているではないか。

なんと、ガイドは爽やかな女子大生。
実はこのガイド料金は3人合計で1,800円・・・まるでただ同然。
ただし・・・最初から「英語オンリー」と言う前提で、日本語は全くダメ。

さっそく女子大生ガイドさんに連れられて街歩き。

170センチを超えるのではないかと言う長身で細身、アオザイが似合いそうなお嬢さんだ。

「うちの娘に雰囲気が似ているね」と奥方殿。
確かに、体系やしぐさにその雰囲気がある。

まずはホアンキエム湖周辺を散策し、湖の浮島にあるお寺を見学。

30-43.jpg

そして、街中の古い住宅を案内してくれる。
口には出して言わないが、あまり興味ないけどね。

30-41.jpg
※このお人が女子大生のガイドさん。

奥方殿と息子殿とのスリーショット。

30-44.jpg

古い家の見学ばかりで少々街歩きにも疲れてきた。

「そろそろティーブレイクにしませんか?」となって、
「エッグコーヒーって知ってます。ハノイ発祥なんですよ」
と言うことで、エッグコーヒーの有名店「Giang(ゾン)」へ。

いやぁ・・・小さなテーブルに例の低いイス、そっしてお客がびっしり。
狭い階段を上って二階へ上がってもほぼ満席。
ようやく空いたテーブルを見つけて席を確保。

これが・・・そのエッグコーヒー。

30-45.jpg

卵とコンデンスミルクをクリーム状に泡立てたものをのせたコーヒーで、ホットとアイスが選べる。

う~ん、日本人にはちょっと甘すぎるかも?。
そう・・・アジアのコーヒーは何も言わないと最初から砂糖が入っていて甘いのだ。
砂糖を抜いて欲しいと言うのを忘れてた。
「ふ~ん」と言う程度の味なのだがそこは気を使って「おいしいね」と言うしかない。

およそ2時間半の街歩きも終わり、軽く疲れたのでいったんホテルへ戻って小休止。
さぁ・・・いよいよベトナムフレンチの夕食だぁ・・・!。

事前にネットで調べたいくつかの候補の中から、どの店に行くかを検討し、
「さて出陣」となった時にまたまたのアクシデント。

息子殿が言う・・・「俺のスマホ・・・壊れた」と。
例の靴修理事件の時にスマホを固い地面に落としてしまったらしく、
位置情報センサーが狂ってしまって自分の位置を正しく表示できなくなってしまったらしい。

息子殿にはタクシー手配を担当させていたのだが、
スマホが使えないと手配ができない・・・困ったぞ。

日本以外の国のほとんどでは、配車アプリの「ウーバー」を使ってタクシーを手配する。
アジア地域からは「ウーバー」が撤退してしまったのだが、同種の「GRAB]と言うアプリがある。

マレイシアではタクシーの手配はほとんどこの「GRAB」を使っていた。
一般の自家用車がタクシーの代わりをしてくれると言う配車アプリで、
料金も先に決まるし、クレジットカードを登録しておけばキャッシュもいらないのでとても楽ちん。
そして、タクシーと比べて圧倒的に安いし、ぼられる心配も全く無し。

しかし、スマホのアプリなのでスマホが使えないと「GRABU」は使えない。

「仕方が無いからタクシーを捕まえよう」。
とタクシーに目的地を告げると「500円」と言う。
「メーターは?」。
「いや、500円だ」。
完全に足元を見られている・・・。
ベトナムのハノイでこの距離で500円は高いが、ここで値切れるほどのベトナム語力は無い。
まぁ、いいか?、とタクシーに乗り込んだ。

さて、この後、再び三度の大事件勃発。
相変わらずのドタバタ旅行だねぇ・・・その結末は?。
 
 
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://shinsyunet.blog.fc2.com/tb.php/588-7e293554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)