FC2ブログ
プロフィール

ファラオ南信州

Author:ファラオ南信州
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

信州ネットカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

田舎暮らしは男のロマン?女の不満?
南信州の山里で田舎暮らしをしている団塊の世代です。「田舎暮らし」と聞けば耳障りはいいのですが、生活習慣や価値観の違いで戸惑うこともしばしば。七転八倒、そんな田舎暮らしの様子をお届けいたします。
【浦島太郎】
先月末から10日ほど、インドネシアへ行ってきた。
タイミングが悪いことに、私がいない間に台風21号が上陸した。
当地に風の被害は少なかったものの、大量の雨が降った。

在インドネシアの私に奥方殿から
「雨・・・相当降るらしいよ。逃げたほうが良い?」。
天気予報の降雨量予測と雨雲レーダーであらかじめ調べ、
「ちょっとまずいなぁ、これは。
 なんでオレのいない時にこんな・・・!」。
と思っていたオレは、少し躊躇はしたものの、
「どこかホテルを手配して家から逃げた方がよさそうだ。
 できれば犬の鎖もほどいておいて」。
と指示をした。

そして翌朝・・・、
「大変だよぉ・・・がけが崩れて家に入れない」

がけ崩れ

ホテルから帰宅した奥方殿はもう大パニックである。

インドネシアとの2時間の時差などおかまいなしに、未明に何度も電話が掛かってきた。
女一人では大変だよねぇ。

いや、奥方殿でなくとも、実際にこの光景を見たオレも唖然!。
まだ駐車場側で良かったが、これが住宅側でもしも在宅していたら多分生き埋めになっていた。

不幸中の幸いという言葉があるが、不幸なんてないほうが良いに決まっている。
そして、運よく生命の難は免れたが、土砂の崩落は今回が初めてではない。

「昔はよう落ちたがなぁ」
「家に土砂が入り込んで出すのに苦労したなぁ」。
とこの家の前の持ち主のばあさんがシャアシャアと言いやがったが、全くその通りとなった。
こんな事、あらかじめ知っていればこんな家を買う訳がない。

画像右下の植木は我が家の進入路の斜面に植わっていたもの。
こいつらが土砂と一緒に落ちて来て道路を挟んだお隣さんの庭先まで転がっていった。

ところで、オレがインドネシアから帰宅するなり、隣のジイサンが、
「お前んとこの配水管が地中で敗れて水が溜まって土砂崩れになった」
などと口から泡を飛ばしながら言いやがる。
この日の夜に限って・・・?、配水管が地中で破れた・・・?。
証明のしようのない、全く都合のいい話をでっちあげてきた。

自分の土地が崩落したことが原因で我が家の進入路に害が及んだことをあらかじめ承知しているので、
何とか責任を回避しようと必死なのはわかるが、
オレは責任問題なんか一言も口にしていないのに・・・ねぇ。

あぁ・・・いやだいやだ・・・本当にセコイ奴らばかり。

なんか・・・こう・・・竜宮城から帰った浦島太郎の気持ちが・・・よ~くわかる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://shinsyunet.blog.fc2.com/tb.php/556-567a2660
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)