FC2ブログ
プロフィール

ファラオ南信州

Author:ファラオ南信州
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

信州ネットカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

田舎暮らしは男のロマン?女の不満?
南信州の山里で田舎暮らしをしている団塊の世代です。「田舎暮らし」と聞けば耳障りはいいのですが、生活習慣や価値観の違いで戸惑うこともしばしば。七転八倒、そんな田舎暮らしの様子をお届けいたします。
【世界4位の人口大国(12)】高原のリゾートホテル
スカブミの市内から北へ7Km、標高900mの高地にそのホテルはあった。
「Selabintana Resort Hotel(スラビンタナ リゾート ホテル)」がそれ。

slabin1.jpg

ホテルの近隣は肥沃な高原農業地帯で、良質の米、茶、コーヒー、ゴムの生産もあり、
この地はそれら物資の集散地でもある。

ガイド君は「インドネシアンの軽井沢」などとうそぶいていたが、どう見てもそんなリッチな雰囲気は無い。
「以前はそれなりに華やかだったが、今や落ちぶれてしまった田舎のリゾート地」と言う趣き。
敷地内にある大きなガジュマルの木が有名のようだ。

slabin2.jpg

人の姿と比べるとその大きさに驚く。

slabin3.jpg

こちらが我々が宿泊した客室棟。
これ以外にも数棟のファミリー用バンガローもあるらしい。

slabin4.jpg

ぱっと見はきれいだが、施設の古さは目を覆うばかり。
客室のドアのカギは壊れているし水回りはさびも出ている。
何といってもシャワーの水がお湯に代わるまで15分もかかる。
そして、せっかくのお湯もチョロチョロで、とても体を洗えるような勢いは無い。

ところで、私はここへ来る途中で一時的に体調を崩してしまい、
半日ほどこのホテルで寝込んでしまったのだが、
エアコンが無くても客室はとても静かで涼しく、気持ちよく眠ることができた。
おかげで一気に体調も回復した。

やはり標高が高いと赤道直下と言えどもエアコンは不要なんだと改めて納得。

slabin6.jpg

唯一の「ウリ」はこの朝食レストラン。
池に浮かんだ別棟でなかなか雰囲気がある・・・遠目には。
近づくにつれアラが目立ち始めるが、ぱっと見はなかなかのものだ。

もっとも朝食のメニューは「何もない」としか言いようのないレベルで、
ハラル認証のムスリム向け朝食にはさすがに少し飽きが来た。
朝食はやはり厚切りベーコンにあらびきソーセージと卵料理・・・、
などとわがままを言っても所詮ここはムスリムの国、豚肉系はダメなんだよね。

それでもこのホテル・・・一昔前はかなりの高級ホテルだったんだろうね。
ちゃんと手を入れれば今でも名門として復活しそうな雰囲気はある。
 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://shinsyunet.blog.fc2.com/tb.php/535-b5fd046a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)