FC2ブログ
プロフィール

ファラオ南信州

Author:ファラオ南信州
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

信州ネットカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

田舎暮らしは男のロマン?女の不満?
南信州の山里で田舎暮らしをしている団塊の世代です。「田舎暮らし」と聞けば耳障りはいいのですが、生活習慣や価値観の違いで戸惑うこともしばしば。七転八倒、そんな田舎暮らしの様子をお届けいたします。
【大陸中国で屋台復活】
上海や北京の街角から屋台が消えて久しい。
はじめて中国を訪れたのはもう数十年前になるが、街角には屋台と市場があふれていた。
それだけではない・・・両手をもがれた子供や両足が曲がった大人の「乞食」も少なくなかった。
高層ビルに挟まれた道路でも、文字通り「アジアの混沌」だったのだ。

それがいつの間にか姿を消した。
上海など、銀座か新宿かと見間違うばかりの美しい街並みに変身してしまった。

もっとも、中国はとてつもなく広い国で、隅々まで見て回ったわけではないので断定はできないのだが、
少なくとも沿岸地域の大都会では屋台や「乞食」は無くなった。

アジア好きの私には「大陸中国」は「面白くない国」になってしまい、
自然と足は同じ中華系でも台湾に向かってしまう。

台湾は誰もがご存知のように「屋台天国」で、台湾へ行くと日が落ちる時間が待ち遠しくなる。
台湾の屋台は結構政府に管理されていて、正式な免許がないと出店できないらしい。
その分衛生管理もまずまずきちんとされているのでそちらの心配も少ない。

ところが、先日、大陸中国で「屋台復活」と言う情報がYahooNews掲載されていた。
共産党No2の「李 克強」首相が屋台を奨励するような意見を言ったとか?。
そして、待ってましたとばかりにあちらこちらの年に屋台が出現したらしい。

yatai.jpg
※この画像は香港の屋台です。

今回の新型コロナウイルス騒ぎで、大陸中国のダメージも相当な物。
閉ざされた社会なので全貌は見えないものの、失業率も決して低くはないようだ。
そこで、この屋台を失業者の受け皿にしようと言う目論見らしい。

そもそも中国人には美しい街並みより屋台が似合う。
横浜でも中国でもあのごちゃついた独特な雰囲気がチャイナタウンの魅力なのだ。
それに、屋台には何でもあって、ちょっとした買い物から食事まで全て街角で済ますことができる。
複数店舗が集合したコンビニエンスストアみたいなものなのだ。

香港や台北などでは近代的な都市空間と屋台街がうまく共存していて、
待ちの魅力を増幅させる一つの要素でもある。

失業対策とは言え、大陸中国に屋台が復活することはうれしい事には違いない。
が・・・かの国の法律は我々にはちょっとなじめないところがあって、
スパイ容疑でいつ逮捕されるかわからないと言う危険性もある。

BLOGにこんなことを書いている私の身分も既に当局に把握されているかも知れない。
空港へ到着したら即座に公安に逮捕されるなんて嫌だね~。
と言うことで、屋台が復活してもあの国には行きたくない。
やはり、旅行先としては、台湾・ヴェトナム・マレイシア・タイ・インドネシアあたりに安心感がある。

早くコロナ騒ぎが収まって自由に旅行できる日が来ると良いね。
 



スポンサーサイト