FC2ブログ
プロフィール

ファラオ南信州

Author:ファラオ南信州
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

信州ネットカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

田舎暮らしは男のロマン?女の不満?
南信州の山里で田舎暮らしをしている団塊の世代です。「田舎暮らし」と聞けば耳障りはいいのですが、生活習慣や価値観の違いで戸惑うこともしばしば。七転八倒、そんな田舎暮らしの様子をお届けいたします。
【精霊流し】
お盆になるとあの歌が静かに聞こえてくる。
「クレープ(さだまさし)」の名曲「精霊流し(しょうろうながし)」だ。

 YouYube 精霊流しは → http://www.youtube.com/watch?v=fmWr8Ysb4po

歌詞の中に「テープレコーダー」とか「レコード」とかの単語が入っていて、
その時代を懐かしく思い起こさせるね。
ここはCDとかDVDよりもやはり「テープレコーダー」と「レコード」でなければ」いけない。
そして、この時代のこの人の透き通るような歌声も魅力。

ところで、当地では毎年お盆過ぎの16日に天竜河畔で「灯篭流し」が行われる。

hanabi01.jpg

今年亡くなった人の戒名を書き記した小船を川に流して故人を偲ぶのだそうだ。
川面に流れる小さな点のような光がその灯篭。

そして、その灯篭流しと時を同じくして大花火大会も開催される。
一般的にはど、ちらかと言えば「灯篭流し」よりも「花火大会」がメイン。
ちょっと大掛かりな「夏祭り」と言う位置づけで、
昨年までは娘がとても楽しみにしていた。
若者にとっては「真夏のクリスマス」みたいなものなのだだろう。
浴衣姿のお嬢さんも少なくは無い。

hanabi02.jpg

3千発ほどの花火が打ち上げられるそうだが、
頭の真上でとどろく花火の音はなかなかの迫力で、
これはやはり現場にいないと味わえない臨場感。

hanabi03.jpg

今年は娘がいないので、奥方殿と息子と3人で出かけた。
いつも思うのだが、この花火大会が当地でもっとも人出が多い催し物ではないだろうか?。

hanabi04.jpg

天竜舟下りの船着場も開放されていて、多くの人でにぎわっている。
そして、普段は背広にネクタイ姿の社長が、
自らねじり鉢巻でフランクフルトソーセージを焼く姿が妙にどうに入っていておかしい。

予約をすれば船上から花火が見られるとか?。

 天竜舟下りのHPは → http://tenryu.netbank.co.jp/

南信州の夏の夜・・・なかなか味わい深いものがあるね。