FC2ブログ
プロフィール

ファラオ南信州

Author:ファラオ南信州
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

信州ネットカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

田舎暮らしは男のロマン?女の不満?
南信州の山里で田舎暮らしをしている団塊の世代です。「田舎暮らし」と聞けば耳障りはいいのですが、生活習慣や価値観の違いで戸惑うこともしばしば。七転八倒、そんな田舎暮らしの様子をお届けいたします。
【空気キリリ】
大急ぎで通り過ぎた台風が残していったもの・・・、
それはキリリと引き締まった晩秋の空気。
山々も色めいてきて、
北アルプスからはもう雪の便りが聞こえてきました。

当地でも、最低気温が一桁となっていよいよ冬の気配も漂い始めました。

透明度が高くなった空気を通して見える夜空の星は瞬きを止め、
満天に広がるその数もぐ~んと多くなったような気がします。

宵闇が迫る時刻もずいぶんと早くなり、
夜も8時になると頭上にはW字のカシオペアが輝きます。
そして、虫の声が消え、シーンとした晩秋の夜は寒さが応えます。

良いお天気が続き、昼は汗ばむほどの陽気なのに、
日が落ちるとともに空気がキリキリと冷えてきて、
気温はぐんぐん下がってきます。

昨年は10月2日でしたが、
今年は11日からとなりました。
初めてストーブに火を入れた日です。

台風の風を心配をして煙突を全て外してしまったので、
ついでに掃除をして再び取り付け、
真っ黒になりながらストーブの内部の隅々まできれいにして、
こびりついたガラスの煤を磨いて・・・。

着火剤の上に焚き付け用の細かい木片を置き、
その上に薪を並べていよいよ火を入れます。

はじめは白い煙とちろちろとした小さな炎だったのが、
やがて大きな薪に燃え移ると炎も赤く大きく燃え上がり、
ストーブの上部からほんわか暖かな空気の対流が始まります。

DSCF0002.JPG

柔らかな暖気が徐々に部屋全体を暖め始め、
いつの間にか寒さを感じなくなってしまうのです。

磨いたガラスから見える赤い炎・・・なかなかいい物です。

いよいよ薪ストーブが活躍する季節がやってきました。
これからは、まるで急な坂を転げ落ちるように気温が下がってきます。

もうしばらくすれば、
山々の紅葉をバックに伊那谷の風物詩「柿すだれ」も見られるようになりますよ。

秋の山里では、もう冬の支度が始まっています。
=====================================================
昼夜の気温差が大きくなればなるほどおいしくなるもの、
それはりんご・・・。
シナノスイート・シナノゴールドから12月のふじまで、
今年のりんごは近年に無くおいしくなりそうです。

南信州のりんご・市田柿のご予約は・・・
私がお勧めする南信州の高級フルーツ → http://shinsyu-net.com/fruits/
=====================================================
薪ストーブは薪集めに苦労しますね。
私も毎年とても大変な思いをして薪を集めていました。
でも今年は大丈夫・・・地元の方々と力を合わせて大量の薪を作りました。
そう・・・売るほどあるのです。
という事で、薪の販売を始めました。
 南信州千代の山里の薪販売 → http://shinsyu-net.com/maki/