プロフィール

ファラオ南信州

Author:ファラオ南信州
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

信州ネットカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

田舎暮らしは男のロマン?女の不満?
南信州の山里で田舎暮らしをしている団塊の世代です。「田舎暮らし」と聞けば耳障りはいいのですが、生活習慣や価値観の違いで戸惑うこともしばしば。七転八倒、そんな田舎暮らしの様子をお届けいたします。
【世界一】
ほとんどの棚田の稲刈りも終わり、
刈り取った稲が「はざ」にかけられて乾燥を待っています。

最近の大規模農家ではほとんどが機械乾燥なのですが、
この「はざかけ」で乾燥されたお米の味はまた格別、
いや・・・本当にうまいのです。
お米の艶と弾力と甘さが違うのです。
最近の我が家のご飯はほとんどがこの「はざかけ米」で、
毎日おいしいご飯をいただいています。

そのお米の?・・・あるいは「天高く馬肥える秋」のせいか?、
ウエストがちょっとヤ・バ・イ!。
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
先日りんご狩りでおなじみの「柴本農園」さんへ伺った時、
「これ・・・今年はすごく出来がいいんだ」
と大きなりんごを頂きました。

その名も「世界一」!。

sekaiichi0.jpg

小さく見えるのが通常の「シナノスイート」で、
大きなのが「世界一」・・・。
携帯電話と見比べていただければその大きさが判ります。
大きい物になると1個で1キログラムほどもあるとか?。

その上、今年は天候にも恵まれて、
色づきもよく、見事なまでに立派になりました。

しかし・・・しかし、実はこのりんごは・・・、
大きいだけであまりおいしくは無いと言われています。

「世界一ってあまりおいしくないんですよね」。
「いや~、それが今年はおいしいんだよ。
 りんごにはこういった気候が合っているのかな~?。
 去年のと比べると断然うまい!」。

という事でいただいてみましたが、
「ウン!なるほど」。
昨年までは大味でスカスカだった「世界一」なのですが、
確かに今年のはおいしい!。

ただし、「世界一」の割には・・・と言う条件はつきますが!。

この「世界一」は日本ではそれほど人気はありませんが、
こと中国の都市では圧倒的な人気を誇っています。

果物屋さんの店頭には小さな中国産の「ふじ」が山と積まれ、
一個10円とか20円で売られているのですが、
この「世界一」は化粧箱に詰められてガラスショーケースに並べられています。

自分で食べるというよりも完全に贈答用で、
値段も数十倍・・・。

「中国人は見栄っ張りだから、
 人にあげる物は大きくないとね」。
と現地の人も言っていました。

日本人は大きさよりも品質を優先するようですが、
中国人はあくまでも「見てくれ」重視、
こんなところにも国民性が大きく反映されてきます。

ところで、
最近の日本では秋口にもおいしいりんごを食べることができます。
長野県(信濃の国)で開発された品種
 「シナノスイート」
 「シナノゴールド」
がそれ・・・。

勿論・・・密たっぷりの冬の「ふじ」もおいしいのですが、
今の季節にはこの「シナノ」シリーズがおいしく感じます。

前述の柴本農園さんのりんご園には
「シナノスイート」・「シナノゴールド」が鈴なりです。
週末の高速道路割引料金を利用して、
三遠南信自動車道天竜峡インターチェンジから7分の
「天竜峡」の観光りんご狩り「柴本農園」へお出かけしませんか?。

そして、是非、秋の南信州の味覚をお楽しみ下さい。

取れたてりんごを食べ放題!。
南信州「天竜峡」の観光りんご狩り
 e-ringo.comの柴本農園は http://e-ringo.com/
携帯版は http://e-ringo.com/mp/

青い空に真っ赤なりんご・・・秋ですね~。
 
スポンサーサイト