FC2ブログ
プロフィール

ファラオ南信州

Author:ファラオ南信州
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

信州ネットカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

田舎暮らしは男のロマン?女の不満?
南信州の山里で田舎暮らしをしている団塊の世代です。「田舎暮らし」と聞けば耳障りはいいのですが、生活習慣や価値観の違いで戸惑うこともしばしば。七転八倒、そんな田舎暮らしの様子をお届けいたします。
【キャッシュレス関連ページを移動】
最近、マイナポイント関連情報の発信を契機にキャッシュレス決済に関する記述が多くなった。
そこで、改めてキャッシュレス決済だけを特集したブログを立ち上げた。
と言うか?・・・今まで死んでいたブログをこれを機に再生させたのだ。

特に高齢者向けのキャッシュレス決済手段について力を入れている。
時代に乗り遅れないためにも、特にシニアの皆さんに読んでいただきたい。

unnamed.png

新しいキャッシュレス決済関連のブログは → 「シニア世代のキャッシュレス生活」 ← クリック

 
スポンサーサイト



【キャッシュレス生活(17) 次から次の詐欺メール】
最近、アマゾン・楽天・三井住友VISAカードなどから以下のようなメールが頻繁に届く。

damy1.jpg

なかなか良くできていて、本物なのか偽物なのか見分けがつかない。
だから、メールが着信するごとに片っ端から削除している。

今日は正月2日目・・・雑煮とおせちを食べ、日がな一日中だらだらと過ごしている。
アルコールがからっきしだめなので酔っぱらうことも無く、
されとて、テレビはろくでもない番組ばかりで見る気もせず、
ネットのニュースも全て読み終わった・・・つまり・・・退屈なのである。

そんな時にこんなメールが来た。

最初は「三井住友VISAカード」からメールが来たので、
案内文の中のLINKをクリックして適当なIDとパスワードを入力して見たがログインは不可能だった。
どこでどんなチェックが入っているかは定かではないが、ログインできないと言うことは何かチェックされているはず。
ちなみに私は「三井住友VISAカード」の「Booking.comカード」を持っているので、
別のタグから正式なページを開き、登録してあるIDとパスワードで試してみたら正常にログインできた。
特に不具合を知らせるメッセージも無かった。

次は偽「アマゾン」からのメール。
メール画像にある「所有者の証明」ボタンをクリックして見た。
セキュリティソフトから警告が出たので危険なサイトだとは分かるが、構わず画面を開き、
「さもありなん」と思しきIDと、これもいい加減なパスワードを入力したら見事ログインに成功。
これはつまり、どんなIDとパスワードでもログインは可能と思われる。
ログインID・パスワードはどうでもよくて、目的が入力されたデータのフィッシングだからなのだろう。

そして・・・開いた画面がこちら。

damy2.jpg

隠れてしまっているが、上段にはメールアドレスや名前・住所・電話番号などの入力欄があり、
その下に「お支払い方法」と言う欄がある。
ここでクレジットカードの
 カード名義
 番号
 セキュリティーコード
 有効期限
を入力するようになっていて、送信ボタンを押せばこのまま個人情報が犯人に渡ることになる。

他人名義のクレジットカードでネットショッピングをする時、
 カード名義・カード番号・セキュリティーコード・有効期限
がわかればなりすましで買い物ができてしまうケースが多い。
それも、そのクレジットカードの利用限度枠いっぱいまで購入できる。

カード所有者が「他人に使用されている」ことにすぐに気が付けば停められるが、
カード管理画面に購入情報が反映されるまでにタイムラグがあるので気が付かない場合も多い。

こうして姿が見えない犯人はカード情報を手に入れて換金可能商品を購入している。
国内なら配送先で足がつくが、海外で使用されると手も足も出ない。

幸いなことに、ほとんどのクレジットカード会社は不正利用に対しては保証をしてくれている。
が、自身に落ち度があってカード番号やセキュリティコードを犯人に渡してしまった場合などは保証されないケースもある。

だから・・・こういったメールは絶対に開かない事が重要。
もしも自分の使っているカード会社と同じだったとしても、
着信したメールのリンクから開かずに、いつものログイン画面を別タブで開いてログインしなくてはいけない。

ロゴやURLもそっくりなので警戒しすぎるくらいで丁度良い。

とは言え、クレジットカードやバーコード決済は今ではなくてはならないものになっている。
怖がるあまり、使えないと言うのでは本末転倒。
こういった詐欺は今までにもあり、時代に合わせて柔軟に変化している。
時によっては詐欺の方がかなり先行していて詐欺師から学ぶケースさえある。

そして、残念ながら今の技術ではこれらのメールを完全にブロックすることはできそうにない。
迷惑メールに登録しても、送信アドレスがいつも変化するのイタチごっこになってしまう。

防御方法は、「怪しい」と感じたらそのメールは必ず破棄してしまおう。
読んでしまうと不安感をあおるような「なかなかの文章」が並んでいるので「読まずに破棄」を実践しよう。

今のところはこんな方法しか身を守るすべは無さそうだ。
 


 


【キャッシュレス生活(16) クリスマスイブ】
当地だけでなく、全国的に寒波に見舞われているようだ。
気温が下がるにつれてコロナの新規感染者も増えている。
相関関係があるのかどうか?、専門家ではないので定かではないが、
これだけ政府や専門家会議が大騒ぎしているのに一向に減らないところを見ると、ひょっとしたらと思えてならない。

さて、今日はクリスマスイブ。
と言っても我が家はクリスチャンでもないし、小さな子供がいるわけでもないので、
特にクリスマスを意識しなければならないと言うことも無い。

先日の事、セブンイレブンへ立ち寄って、コーヒーマシーンの出来上がりを待っていた時、
傍らにクリスマスケーキやチキン・ピザなどのカタログが置いてあるのが目についた、
パラパラとめくってみれば・・・なんと・・・なかなかおいしそうではないか?。
写真の撮り方が上手いのですこぶる良く見えることは分かるのだが、
当日にあちこちを回ってケーキやチキンをもらいに行くのが少々面倒だと思っていた矢先なのでとりあえず1部を持って帰ることに。

以前、息子殿が
「クリスマスにはおいしいものが食べたいね。
 チキンは当然としてその他を少々。
 オレがオニオングラタンスープを作るから、プラスアルファをお願い」
と言っていたのも思い出した。

例年なら奥方殿が専門店にケーキを予約しているはずなのだが、今年はまだその話を聞いていない。
チキンは毎年KFCへもらいに行っていたが、今年はコロナで人込みに気を付けないと・・・。

帰宅して奥方殿と息子殿に相談すると、
「一件で全部そろうのならコンビニでもイイカ?・・・小さな子供がいるわけじゃないし、3人だけだもの」。
と言うことになって、あとはメニューを選ぶだけ。

ネットでも予約はできるのだが、ネット予約だと100%店舗の売り上げになるのかどうかわからない。
余計な心配ではあるが、いつもお世話になっているお店なので、できれば100%の売り上げを付けてあげたい。
と言うことで、ケーキにチキン・ピザなど諸々のクリスマスセットを店舗で予約しておいた。

KIMG0333.jpg

が・・・セブンイレブンを選んだのには他にも理由があったのだ。
実は、アメリカンエキスプレスカードでは
「セブンイレブンでアメリカンエキスプレスカードで千円以上を決済すると20%キャッシュバック」
と言うキャンペーンを今年いっぱい実施中。
5千円なら千円、1万円なら2千円のキャッシュバックがある。

奥方殿には言わなかったが、実はこんな下心もあってセブンイレブンにした。
それに、息子殿がりんご園へアルバイトに行っていた折に弁当を3日ほど購入した時のクーポンもあって、
「ナナチキ」3個を割引で買うことができる上に、600mlのお茶が3本無料でゲットできる。

と言うことで、今日のお昼に頃に、他の買い物ついでに予約商品を引き取りに行ってきた。

他の買い物と言うのは、奥方殿に頼まれた野菜やフルーツなどの食料品なのだが、これはJA経営のスーパーで。
詳細は分からないが、レジで会員カードを提示するとポイントが溜まるらしい。
面白いのは、会員カードはレジ入力前に読み取り、支払いは別のマシンでセルフで行う。
と言うことは・・・支払いが現金でもカードでも関係なくJAのポイントは貯まるようだ。
ならば・・・JAのポイントとクレジットカード会社のポイントの二重取りが可能と言うことになる。
と言うことを以前に察知したので、奥方殿には現金を使わずにカードで支払うように言ってある。
勿論、今回の支払いもクレジットカード。

そして・・・当然、セブンイレブンの支払いはアメリカンエキスプレスカード。
ここのセブンイレブンもセルフレジなので、支払いは客が自身ですることになっている。
少額の決済にクレジットカードを使っても特に恥ずかしいことは無い。
と言うことで、6千円強の支払いをアメックスのカードで済ませて、その上、お茶を3本無料で頂いた。

しかし・・・こんなんで良いのかねぇ・・・ホントに。
実質20%割引・・・その上カードのポイントもたまる・・・もう現金生活には戻れないかも?。

実は、今日の私のズボンのポケットには1円の現金も入っていなかった。
それでも何も困ることは無かった。
こんな田舎でも、コンビニや大手の店舗だけであれば現金は一切持たなくても大丈夫。
ちょっとキャッシュレス生活を見直した一日だった。






【コロナは1年後に収まっているか?】
ついにその正体が見えた・・・新型コロナウイルスの猛威が止まらない。
政府の言う「勝負の三週間」は完全に負け戦さ。
これから年末年始にかけてますます人出は多くなる。
日本の感染者数もいよいよ「並の国」レベルに到達しそう。
日本のただ一つの救いは重症者・死者の少なさだったが、それもこのところ急激に増加。
日本モデルはもう・・・風前の灯火だ。

「今年はクリスマスもお正月も家庭で!」。
「帰省する人はもう一度考え直して?」。
お願いは結構だが、年末年始は何も急にやってくるわけではない・・・時間の経過は全ての人に共通なのだ。
正直・・・「何をいまさら」の感は否めない。
政府が100%悪いわけではないが、政策のベクトルが違っていたのは確かだろう。

ところで、この時期にこんな話では恐縮だが、少しは楽しいことも考えたい。
「海外旅行はいつから再開?」と旅行会社の社員さんが話している動画がYouTubeにあった。



12月8日の掲載なのでコロナの直近データも踏まえての話である。
この動画によるとまだまだ海外旅行は厳しいようだ。
ハワイには今すぐにでも行けるようだが、帰国してから2週間の隔離は応える。
それ以前に、アメリカ本土からわんさかと観光客が来るのだから、日本人は怖くて行けない。

今のところの大雑把な予想では、4月頃になればいくつかの国との行き来はできそうだとの事。
そりゃそうだ・・・4月になっても行けないとなると、それこそオリンピックどころではなくなる。
オリンピックの見通しを立てるためにも4月には政府も結論を出さざるを得ないだろうね。

色々とネットで情報を調べてみるが、直近で感染者数が少ないのは台湾とベトナム。
中国もほぼゼロに近いと言ってはいるが、この国が発表する情報はハナッから信用できないので無視。
台湾は情報を隠蔽するようなことはなく、世界に向けての発信力もあるので信用できる。
手始めはとりあえず台湾だと考えてはいるのだが、先方が日本人を入れてくれるのかどうかの方が問題。

毎日3千人の新規感染者が出ているような国の人には来てほしくないよね・・・きっと。
台湾はここ数カ月の間、国内の新規感染者ゼロをキープ。
日本のGoToキャンペーンとよく似た国内旅行奨励キャンペーンを実施しているが、それでもゼロ。
先に新規感染者ゼロを達成してからキャンペーンを始めると言う「正しい順序」を守った政府はとても優秀。
どこぞの国の政府のようにどっちつかずでうろうろしているのとは大違い。

そんな台湾だけに、先方が入国を許可してくれるのなら是非とも行きたいね。
今なら航空券も安く買える。
キャセイパシフィックなら3万円、JALでも5万円強でエコノミーだが往復航空券が手配できる。
もっとも、本当に飛行機が飛ぶかどうかはその時なってみなけりゃ解らないけど?・・・ね。
せっかく予約してもエアアジアXのように倒産してしまったのでは話にならない。
JALはついこの間倒産(?)したばかりなのでしばらくは大丈夫だろう。
香港情勢が怪しくなって、キャセイパシフィックの方はちょっと心配かな?。

空港ラウンジ優待カードの「プライオリティパス」も発行したし、「Booking.com」カードも届いた。
とりあえずは・・・準備万端なのである。
後は先様が「日本人なら入国してもいいよ」と許してくれるのを待つのみ。

ところで、今のうちに航空券を買ってしまったら・・・どうなんだろう?・・・とキャンセルポリシーを読んでみたら・・・?。
購入後1年間は無料で搭乗日の変更ができるそうだ。
一年もたてば、ワクチンや特効薬が世に出ているはず・・・かもね。

しかし・・・たしか・・・今回のコロナ騒ぎが始まったのが去年の今頃の中国武漢。
あれから1年が経過しても感染は収まるどころか広がっている。
1年後には果たして・・・コロナは・・・収まっている保証は無さそうだ・・・やはり・・・買うのはまだ早いかな?。

もうちょっと我慢しよう。
 

【キャッシュレス生活(14) マイナポイントに興味が無い?】
私は当地の商工会に加入していて、以前、会員向けに「マイナポイントとキャッシュレス決済」についての説明会を開いた。
その時は会員向けだったのでそれなりの告知もでき、会員の皆様に集まってもらってそこそこ盛況ではあった。
この時の説明会は事業者向けにキャッシュレス決済導入に向けての説明会だった。

その折に
「今度は一般向けにマイナポイント取得についての説明会を開催しよう」
と言うことになって、実は・・・昨日がその日だった。

mynapoint-deadline.png


準備万端整えて・・・しかし・・・だれも来ない・・・一人も来ない。

告知も不十分ではあったが、それにしても参加者ゼロとは・・・あまりに悲惨。
多分、皆さんは、そもそも「マイナポイントとは?」がなんだかわからないのでは?。
そんな疑問を持った。

新聞に公告を出したりテレビCMを打ったりと政府はそこそこPRをしてはいるのだが、一般の人には「マイナポイント」が自分にどんな利益を生むのかと言うイメージがわかないのだろう。
自分ごとではなく他人ごとと言う感覚で受け止めているようだ。
私の周りの人もほとんどは「マイナポイント」と言っても「なに・・・それ?」と言う返事が返ってくる。
増してや当地は日本有数の高齢化率を誇る?田舎の村、年寄りばかりでそもそも「キャッシュレスとは?」から説明しなければわからないのでは?。

このところ新型コロナウイルス新規感染者数が急激に増えていて、ニュースやワイドショウはワクチンをはじめコロナ関連ばかり。
新聞の見出しも「コロナ」を筆頭に「はやぶさ2」と「桜を見る会」と「お笑い芸人の不倫謝罪会見」あたりでマイナポイントは話題にも上らない状況。

評判が良い悪いより以前に・・・みんな・・・ほとんど知らないし興味も無い。
政府は「期間を延長して4千万人を増枠する」などと言っているけど・・・この状況では所詮無理だよねぇ。

「告知をしっかりして改めて仕切り直し、もう一度説明会をやろう」
と言う意見もあるが、
「説明会を聞きに行くための説明会」
から始めないとまた同じ事になっちゃうかも・・・?。
と言って、そこまで政府の片棒をかつぐ必要もないし・・・ねぇ。
自分たちは既にちゃっかりとポイントをいただいてしまったので、これはこれで良し・・・そんなに無理をすることも無い。

以前に行われた5%キャッシュバックや今回のマイナポイントなど、政府主導で行われているキャッシュレス決済普及作戦をきっかけに、私はずいぶんキャッシュレス決済についてを勉強した。
特にクレジットカードとデビットカードについては「目からうろこ」と言えるほど参考になった。
クレジットカード・デビットカードなどのキャッシュレス決済の説明動画だけで数十万人のフォロワーを集めている太いユーチューバーも複数存在する。
いやぁ・・・本当に興味深い世の中になったものだ。

私も、この動画を参考にして、所有しているクレジットカードやデビットカードを整理し、キャッシュレス決済作戦を練り直さなければ!。
同じ買い物をするにしても、使用するキャッシュレス手段によってずいぶん損得があることも解った。

いやぁ・・・それにしても・・・マイナポイントのあまりの不人気さ加減には少々驚いた。