FC2ブログ
プロフィール

ファラオ南信州

Author:ファラオ南信州
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

信州ネットカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

田舎暮らしは男のロマン?女の不満?
南信州の山里で田舎暮らしをしている団塊の世代です。「田舎暮らし」と聞けば耳障りはいいのですが、生活習慣や価値観の違いで戸惑うこともしばしば。七転八倒、そんな田舎暮らしの様子をお届けいたします。
【何事もない・・・が一番】
「寄る年波には勝てない」・・・確かにその通りかも知れない。
が・・・しかし・・・そうでもないかも知れない。

飲食をしたときに食道がふさがれたようになって、
食べたり飲んだりしたものがのどを通らない時がある。
「こりゃ・・・食道ガン!」。

地元の市立病院で調べたが、ガンの兆候なし。
が、一応原因を探したいと申し出てこの病院を紹介してもらった。
それが「名古屋第一赤十字病院」。

nisseki1.jpg

名古屋赤十字病院は第一・第二の二つがあって、
奥方殿が心房細動で通っているのは八事にある「第二」のほう。
今回私は中村区の「第一」へ検査で二泊三日の入院であった。

いやぁ・・・きつかった。
何がきつかったって、飯が食えないのが最もきつかった。
「ガンでは・・・?」などと心配しながらも食欲は一向に衰えず、
体重が減るどころか去年の暮れから3Kgほど太ってしまい、
今までのズボンのウエストが入らなくなってしまった。
それなのに・・・3日間でわずかに一食・・・なのである。

もぅ・・・腹が減って腹が減って!!!。

検査が終わるや医師の説明も待たずにまずは腹ごしらえ。
1Fのベーカリーレストランでパンを2個とコーヒーを注文して貪り食う。
それでも足りずにコンビニでアイスクリームを買ってそれもペロリ。
こんな元気なじいさんがガンの訳がない。

「あなたのはとても珍しい症例で、私も今回が2例目の経験です。
 めったにこういった例はありませんね。
 食道の筋肉の壁が厚くて食べ物や飲み物を胃に押し出すタイミングがずれるのです。
 少し待てば呑み込めるはずですがどうですか?」。
「そう言われればそうですね。
 それに最近はあまり症状が出なくて」。
「薬でどうにかなるわけではないので、このまま慣れていただくしかありませんな」。
「で・・・ほかにガンとかは?」。
「その心配は全くありません、大丈夫ですよ」。

3日間の絶食修行の結果がこれ・・・まずは一安心。

いやぁ、それにしてもきつかった。
最もきつかったのは「鼻から細い内視鏡を食堂へ入れたままの24時間監視」。
重い電池とレコーダーを背負ってそのパイプが鼻から入ったまま。
この24時間は本当に長かった。
そして、それが終わった直後のバリュームを飲んでのX線検査。
にこやかな検査担当者の顔も鬼に見えたね。

それでも、その辛さに耐えての100点満点の結果だったので、これはこれで「良し」。

4人部屋でベッドが一つ空いていたので私を入れて入院患者は3人。
私は偽の入院なのだが、
私以外の2人はガンで本格的な入院だったのには少々ショック。

もう2日もいたら私も精神的な影響でガンになっていたかも?。
病院なんてところは長くいるもんじゃあないな。
海外旅行にはチト短いが、入院は二泊三日でも長い。
とりあえずは・・・良かった良かった。
 

スポンサーサイト
【マスコミが騒ぎ観光客が多くなると料理人の腕が落ちる】
35年ぶり?・・・横浜の地へ足を踏み入れたのは。

今年の旧正月(春節)のころ
「久しぶりに横浜中華街へ行きたいな~」
などと思っていたがなかなか機会がなかった。
ところがつい先日のこと、横浜に住むちょっとした知り合いから電話があって、
「それじゃぁ久しぶりに横浜にでも行ってみるか!」
となったのである。

35年前には「みなとみらい」や「赤レンガ倉庫」は無かった。
いや、赤レンガ倉庫はあったと思うが再開発はされておらず、
使われていない古い倉庫のままの状態だったと思う。

11時にその知人と桜木町で待ち合わせ、昼飯を食べながら商談を済ませたらその後はフリータイム。

このところ、仕事でもプライベートでも、どこかへ行くときには必ず奥方殿を連れて行くことにしている。
夫婦でお会いしてもかまわない相手ばかりなのと、
年齢的にも一人よりも二人の方が何かと安心できると言うのがその理由。

いや、最大の理由は奥方殿が「行きたがり屋さん」と言う事なのだが・・・。
横浜に行くのなら
「赤レンガ倉庫に行きたい」
が奥方殿の第一希望。

その昔、4年ほど横浜で暮らしていたので、このあたりの地図はほぼ頭に入っている。
桜木町から「赤レンガ倉庫」は近い。
晴れていれば歩いてもすぐなのだが、あいにくの雨に風もあって、少々濡れながらの散歩となってしまった。

それでも・・・潮が香る・・・あの・・・港独特の匂いが懐かしい。

いつものことながら奥方殿は真っ先にブティックのショウウインドウをのぞき込む。
私はと言えば、昼飯を済ませたばかりで食欲は無いし、
食後のデザートもコーヒーもいただいたばかりでカフェへ入る気もしない。
「着るもの履くもの」探しにお忙しい奥方殿を横目に、雨の港をぼんやりと眺めるしかすることがない。
幸いなことにここにはWifiがあるのでパソコンが使える・・・と言う事で、
ちょいとメールのチェックなどしながら時間をつぶしていた。

「お~い・・・そろそろ行かないと!・・・中華街」。
帰りのバスの時間から逆算して中華街へ行く予定を立てていたので、
なんとかこの辺りで切り上げて貰わないと間に合わない。

で・・・ようやく中華街へ到着。
それにしてもすごい人・・・そうか・・・今日は土曜日だった。

chinatown.jpg

昔は昼間からこんなに人はいなかったな~。
それに大型の中国料理レストランのほとんどが店先に「食べ放題」のメニューを出している。
それだけならまだしも店舗の前には「客引き」までいるではないか?。
テレビ番組で取材をされたことがある店の前には
「99年99月99日 XXXテレビの〇〇で取り上げられました~」のポスターも!。
そして、お土産屋さんには黒山の人だかり。

うん・・・?・・・その割には北京語が聞こえて来ないぞ?。
中国人は中華街なんぞには来ないのかも・・・ね?。
案外外国人が少ないのには驚いた。

有名な観光地なのだから仕方がないとは思うが、
以前の横浜中華街ならではのエキゾチックな雰囲気はなくなってしまったね。
と言うか・・・横浜全体から「ハマ」の匂いが消えてしまった気がする。
山下公園は刑事ドラマで見ていた方が山下公園らしい気がするし・・・。

「せっかくだから飲茶でも食べて帰ろう」と一軒の中型レストランに入っては見たものの、
出てきた天心は全て冷凍物で、小籠包に至っては「ぱさぱさの小さな肉まん」状態。
「この店って・・・昨日の〇〇ナンデスでほめちぎっていた店だろう?・・・ありえな~い」。
「中華ちまきが食べたい」と願っていた奥方殿も、「本物はこんなんじゃないよね」とがっかり。

「マスコミが騒ぎ観光客が多くなると料理人の腕が落ちる」と言う新しい法則が生まれたようだ。
間違えても、横浜中華街で
「99年99月99日 XXXテレビの〇〇で取り上げられました~」
のポスターがある店には入らないように!。

ひっそりと地道に昔ながらの味を守っている店もきっとあるのだろうが、
そういった店はマスコミにも登場しないし食べログにもグルナビにも出てこない。

近所の人に聞くのが一番かもしれないけど、35年も経てば親しい人もいなくなってしまったからね~。

と言う事で、残念な夕食となってしまった横浜中華街であった。
「赤レンガ倉庫・・・また行きたい」・・・と奥方殿は言うのだが。
 
【こんなとこにも】
出張先で入った回転すしの「スシロー」。
メニューを眺めてみると、なんとパクチーを乗せた寿司があった。
寿司+パクチー・・・?、う~ん?。

昨日の事、奥方殿がおけいこ仲間の忘年会で出かけたので、
息子と二人でオムライスチェーンの「ポムの樹」へ行ってみた。
メニューを見てみると・・・なんと、オムライスにもパスタにもパクチー。

大型外食チェーンもこのパクチーブームを見過ごすわけにいかないのか?、
オンザ寿司・オンザオムライス・オンザパスタ・・・とは?。

冬になってもとどまるところを知らないパクチーブーム。
最近ではNHKの番組でも取り上げていた。

名古屋のテレビ局でも我がクライアントの(株)ヤサイさんのパクチー畑が!。



このパクチーブーム、まだまだ上昇気配。
が・・・その匂いは・・・なお・・・カメムシ。
当地のおばあさんがカメムシの事を「ヘクサムシ」と言っていたので、
何のことかと聞いてみたら「屁臭虫」と言う事だそうだ。

漢字で表すと・・・なぁるほどねぇ。
臭いわけだ。
  
【8月のクリスマスⅡ】 
「おらが村出身の歌手」で地元では絶大な人気を誇っている「小沢亜貴子」さん。
来週の日曜日(21日)には彼女の故郷(当地)での歌謡ショウが開催される。
なんと、入場は無料なのでぜひご参加を・・・と言う事なのだが。

そんな彼女の持ち歌に「8月のクリスマス」という曲がある。
※ちなみにネットで「8月のクリスマス」と検索すると韓ドラがヒットしてしまうけど、
 韓ドラとは全く無関係なので念のため・・・。
軽快なポップス調の曲で、演歌歌手である彼女の持ち歌の中では唯一私が好きな曲。

bg03.jpg
※画像は昨年、地元の後援会屋外パーティでの様子。

「なぁ~んだ!、この曲以外は嫌いなの?」
なんて意地悪なつっこみをもらいそうだが、
その通りで、私は演歌が全くダメなのである。
だから、美空ひばりであろうと五木ひろしであろうと小沢亜貴子であろうと、
演歌調の「こぶし」をまわす調子の歌謡曲は聞く気になれない。

勿論、好き嫌いの問題なので演歌の魅力を否定する気持ちなどサラサラ無いし、
逆に、演歌につけられる歌詞の力はすごいと感心している。

例えば
「上野発の夜行列車降りた時から、青森駅は雪の中。
 北へ帰る人の群れはなぜか無口で・・・」
なんて詩を読むとぞくぞくするような臨場感に日本語のすごさを感じる。
まず、「上野発の夜行列車」に乗る人の境遇と今の気持ちが、
「青森駅は雪の中」と「北へ帰る人の群れはなぜか無口で・・・」でドーンと心に入ってくる。
決して彼らは「事業に成功して故郷に錦を飾る」ために北へ帰るわけでは無く、
それぞれが深い心の傷を負っているに違いないし、
もしかすると自殺さえも考えているかもしれないほど辛いだろう。

あ・・・いやいや、津軽海峡冬景色の解説が本題ではない、
「8月のクリスマス」についてのお話なのだ。

若者にとって夏祭りの中心となる花火大会は、
冬のクリスマスに匹敵するビッグイベントだと言う事は以前にも書いた。

高校生や大学生のバイトに頼っているコンビニや飲食店などは、
クリスマスイヴや花火大会当日のシフトを埋めるのに相当苦労するらしい。
かくいう私も昔は本当に苦労した。

つまり夏の花火大会は若者にとって「夏のクリスマス」と言う位置づけだと言う事を言いたかったわけで、
ずいぶんと遠回りをしてしまったが、
実は当地では昨日(8月16日)がその「夏のクリスマス」だった。

息子と奥方殿と3人で出かけるのが我が家のこの日の毎年のならい。
で、昨夜も花火大会会場の近くのイタ飯屋で夕食を済ませ、
例年と同様にイカ焼きや焼きそばの屋台でにぎわう花火大会会場まで出かけてみた。

いやぁ・・・今年はすごいね。

車2台がかろうじてすれ違えるほどの細い道が歩行者天国になっていて、
300mほどの道路の両側にはどこの祭りでも見られるような屋台がびっしり、
そして、そぞろ歩く人の波はいつもに増して多く感じたのだが、まずはその年齢にびっくりした。

最年長者は・・・私・・・ぐるりと見まわしても30代以下ばかりで、60代はいない。
最も多いのが、慣れない浴衣を着た中学生か高校生の女の子達で、
それを目当てにした若い坊主どもが数人でごろごろ。
そして・・・「8月のクリスマス」をここぞとばかりに楽しむカップルがこれ見よがしに手をつないで歩く。
まれに・・・小さなお子さんを連れて人込みを分ける家族連れ・・・。

つまり・・・年寄りがいない・・・まるでディスニーランドに迷い込んだかのような不思議な光景。

アイヤー・・・こんなに若者がいたんだ?・・・とびっくり。
例年にも増して多くの若者でにぎわっていたような気がする。

これだけ若者がいるんなら
「案外・・・日本もすてたもんじゃぁないかもしれないな?」。
などとちょっぴり感激。

少子高齢化が顕著だと言われる田舎なのに、結構いるんだよね~・・・若者。
が、このうちの何人が地元に残るのかなぁ?。
そう・・・どうやったら若者を地元に定着させる事ができるのか?。
と言う事になると・・・教育や収入の問題が絡んできて、都市集中型から抜け出すのはなかなか難しい。

などと考えていて、花火はほとんど見なかった。
まぁ、毎年一緒なんだもの・・・今さら花火ったってねぇ。
ドド-ンの音だけ聞いて、クレープ食べて、すぐに帰ってきちゃった「8月のクリスマス」。
汗ぐっしょりであまり気持ちが良くはない。
北半球のクリスマスはやはり雪景色が似合うのだ。
 

【DISCOブーム再来?-16 今年はエンジン音が!】 
お盆も終わろうとしているのにこの暑さは一向に衰えない。
ほんの数年前までは、お盆の声を聴くとどこからともなく夏の終わりを感じさせる涼風が吹いてきて、
ほっと一息つかせてくれたのだが、
今年は、たっぷりと湿り気を帯びた生暖かい風が吹いてくるだけ。

「夏の涼しさがなくなったらいいこと何にも無いじゃん」と奥方殿。
確かに・・・別荘気分で過ごしていた涼やかな夏がこれでは・・・?。
冬は冬でめっちゃ寒いし雪も積もる。
こんなことなら、少々暑くても、いっその事、冬が暖かなところの方がいいかも?。
台風銀座は嫌だけど、沖縄あたりが魅力的に思えるねぇ・・・、
今の時期は海に囲まれているだけにあちらの方が暑くないかも。

ところで、去年までの夏の朝は、山間に響き渡るエンジン草刈機の音に悩まされていた。

夕方5時に風呂に入り、6時に晩飯を食べて8時には寝てしまう、
朝は3時過ぎには起きだして新聞の配達を心待ちにしている・・・なんてのがここらの生活サイクルで、
我々の生活時間帯とは4時間以上ずれている。
我が家は全員が毎晩日付が変わってからご就寝なのだから、草刈りが始まる時間はまだ夢の中である。

それなのに、日の出と同時の「ブブーン・ブブーン」だった。
が・・・今年は・・・めったにこの「ブブーン・ブブーン」が聞かれない。
朝が・・・妙に・・・静かなのである・・・これはこれで・・・ちょっと気持ち悪い。

近所の「おじさん」や「おばさん」がいつの間にか「じいさん」・「ばあさん」になってしまい、
この猛暑で・・・もう生きながらえるのが精いっぱい・・・草刈りどころではなくなってしまったか?。

日の出まではなんとかしのげるが、日が昇るにつれて温度計も急上昇、
そりゃぁ・・・炎天下で1時間も草刈なんぞをしていればすぐに熱中症になっちゃうもんね。

それもそのはずで、近所のおじさんおばさんはみんな70台の半ばを過ぎちゃった。
こうして・・・少しずつ・・・高齢化が進んでいって、
気が付けば田畑は荒れ果てて、草ぼうぼうの自然へと回帰していくのだろう。
もう10年もたてば当地の人口は半分になっているかも?。
私もいなくなる側に入るのかなぁ・・・暗いねぇ・・・田舎の将来。

disco2.jpg

と言う事で、気分を変えよう・・・気持ちに活を入れて・・・!。

ペニー・マクラン「レディ・バンプ」。



元気を出すならこれ、Earth Wind & Fire の「Boogie Wonderland」。



やはりライブの映像は大迫力・・・こんなバンドが昔はゴロゴロあったのにねぇ。