FC2ブログ
プロフィール

ファラオ南信州

Author:ファラオ南信州
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

信州ネットカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

田舎暮らしは男のロマン?女の不満?
南信州の山里で田舎暮らしをしている団塊の世代です。「田舎暮らし」と聞けば耳障りはいいのですが、生活習慣や価値観の違いで戸惑うこともしばしば。七転八倒、そんな田舎暮らしの様子をお届けいたします。
【今やMACは老人のたまり場】
娘が正月を家で迎えたいとの事で、いったん帰国してきた。
が、ほんの2~3日家にいただけで、あちらこちらの友達に会いに出かけに飛び歩いている。
相変わらずである。

つい先日の事、岐阜の友達に会いに行った帰りに中津川の友達にも会いに行くとの事で、
中津川まで迎えに来て欲しいとと言う。

当地から岐阜や中津川へは公共交通機関では直接行くことができない。
一旦、名古屋まで出てから戻らなければならないので、
仕方なく迎えに行くことにした。

中津川と言えば「栗きんとん」・・・!。
奥方殿の大好物で、これを買って帰れば奥方殿も喜ぶはず。

約束の時間よりも30分ほど早く着いてしまったので、
駅前の大型ショッピングセンターで時間をつぶそうと立ち寄った。

nakatugawa1.jpg

と言うか・・・プカーっと一服したいので喫煙室を探しに入ったのだ。
最近の世の中は喫煙者には冷たいからね~。

nakatugawa2.jpg

暮れかけたこの時間、ショッピングセンターには学校帰りの高校生が多い。
小腹が空いたのでマクドナルドでハンバーガーとコーヒーを買って席に着いた。

当然のことながら、高校生が多いのだが、
それでも席についている客の半分ほどが私と同年齢。
私のように男性一人だったり、夫婦だったりと、組み合わせはそれぞれなのだが、
マクドナルドの客席の半分を埋めるのが高齢者と言うのは異様な光景・・・に私には見える。

本当はコメダコーヒーあたりで時間をつぶそうと探して見たのだが、
駅の近くには見当たらなかったので仕方なくマクドナルドに入って見た。
そこでこの光景に出会ったのだが、
高齢者もハンバーガーになじんできたのか?、あるいは優れたコスパに惹かれるのか?。
コンビニの100円コーヒーも悪くはないがマクドナルドは着席できるからね~。

とは言いながら、ハンバーガーも結構高いね・・・セットだと600円以上もする。

本来の目的は「プハーと一服」だったので、とりあえずは目的を果たせて満足。

マクドナルドに行きたかったわけではないが、
まさかMACが老人のたまり場になっているとは知らなかった?。

ついに田舎の高齢者はここまで進出してきた、高齢者恐るべし!。
 


スポンサーサイト



【自然災害のデパート】
幸いなことに、私の住む地域には台風19号の被害は皆無でした。
梨やりんごを出荷されている果樹園が多いこの地域ゆえ、風が強いと大きな被害が出るのですが、
あれだけ大きく報道されていたのに、幸運と言うべきか被害は無し。

長野県東部から関東地方にかけては大きな被害が発生し、
少なからず死者まで出ている状況を見ると、背筋が寒くなる思いです。

被害を受けられた皆様や地域の方々には、心よりお見舞い申し上げたいと思います。

話は変わりますが、日本チームの快進撃で日本ではラグビーが一気にメジャースポーツになっています。
ルールも定かではないのに巷ではにラグビーの話で持ち切り。

そんな中・・・こんな記事も!・・・https://hochi.news/articles/20191013-OHT1T50232.html

そして、ごたごた続きのお隣の国は放っておくとして、
日本人の旅行先として大人気の台湾の蔡総統からは・・・https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191013/k10012129431000.html
「日本はわれわれにとってもっとも大事な友人です。いつでも支援に駆けつけます」だって!。

大陸中国の圧力に負けて日本政府が「国」として認めていないのに、台湾の人たちは日本をこのようにみてくれている。
忘れられないのは「3.11」の時の見舞金。
人口僅か2000万人の小さな国から送られたそのがくはなんと世界一、感謝しても感謝しきれない。

地震・火山噴火・台風・大雨・豪雪など、自然災害のデパートみたいな日本列島。
温暖化が原因の気候変動のせいなのか、災害規模も年々大きくなってきているような?。

こういった災害が起こるたびに「自然のスケールの大きさにはとても人間はかなわない」と言うことを再認識させられます。

そうそう、今回は、降雨量・風速・風向きなど、気象情報を集めるだけ集めて、
「危ないよう~、どこかへ逃げるよ~」と騒ぐ奥方殿を説得して、
どこへも行かずに自宅で過ごしたが、何事もなく済んだのでやれやれ。

気象衛星が空を飛び、スーパーコンピュータで計算される情報は信用でが高い。
勿論、不確定要素の多い長期の予報は難しいのだろうが、
せーたが揃っている直近の予報は十分信用に値すると思う。、

テレビの報道などは、広いエリアに対して脅すだけで、狭い地域の情報が出ない。
恐怖心だけをあおって大騒ぎをするもんだからみんなあまり信用していないのでは?。
より確実な情報を提供しないと「オオカミと少年」になっちゃう。
 
もう少し狭いエリアの気象情報を提供する機関は無い物か?。
自治体がもう少しうまく情報を使って分析してくれたらねぇ。

【すっかり秋・・・かな?】
朝の最低気温が20度を下回ってきた。
この気温だと半そでのパジャマに夏蒲団ではさすがに寒い。

昨日あたりから最高気温も30度を切って来て、いよいよ本格的な秋の訪れ?。
と思っていたら、なんと明後日日曜日の最高気温予想は35度だとか?。

こんなに寒暖の差が激しいと体調がおかしくなりそう。

17年前に飼いだした我が家の犬たちのうち、1頭は今年の春に老衰で死んでしまった。
残る1頭はまだまだ元気で、毎朝夕の散歩も欠かさない。

でも・・・見てくれは紛れもなく老人・・・いや・・・老犬。
毛の色つやも白茶けて来て目の光にも鋭さが無くなってきた。
性格もずいぶんと穏やかになって来て、番犬としての機能も劣ってきたようだ。

私も含めて、人間の最近の年寄りは随分と元気が良いようだが、犬は如実に年齢が現れる。

それでも17歳で元気なのだからこれはこれでOK。
いつまでも元気でいてもらいたいと思うのだが、私が倒れると散歩に連れて行く係りがいなくなるのでかわいそう。
と言うことは、私もこのまま倒れるわけには行かないと言うことか?。

朝夕の毎日の犬との散歩も元気を保つ秘訣かも知れない。

harrysora1.jpg

画像は若いころのハリーとソラ。
手前の柴犬のハリー君は今年の春に他界して、今は向こう側のソラ君だけになってしまった。
ずっと2頭が一緒にいたのでちょっぴり寂しそうなこの頃である。
 
 

【天ぷら饅頭と御幣餅】
当地では、お盆になると「白シャツと黒ネクタイの爺さんが運転する軽トラ」が山道を走り回る。
「新盆(しんぼん)」と言って、昨年のお盆以降に亡くなった人の初めてのお盆を迎える家々を訪ねるのだ。
田舎では高齢化が顕著で、亡くなる人は年々増えている。
と言うことで、何軒もの新盆の家をお盆の間に走り回ることになる。

ところで、当地の葬式・お盆・お彼岸の時に出される御馳走の中に「天ぷら饅頭」と言うのがある。
読んで字のごとく「饅頭の天ぷら」なのだが・・・私は当地へきて生まれて初めての体験した。

この時期、ローカルのスーパーは勿論の事、大手のショッピングモールの食品売り場にもこれが並ぶ。
画像は揚げてない素のままの饅頭だが、すでに揚げてあるものも売っている。
左側の白いのが揚げる前の天ぷら用の饅頭。
これに衣をつけて海老や野菜と同じ要領で天ぷらにしてしまう。

obon.jpg

実は・・・これが結構イケてしまうのだからちょっと困る。
中には「こし餡」が詰めてあり、饅頭は饅頭なのだが、揚げることによって何とも言えない風味が出る。
ウマイ・・・実にうまいのである。
昨日、スーパーで既に揚げてある「天ぷら饅頭」を買ってきて食べたのだが、
少し冷めていたにも関わらず、うまかった。
揚げたてならきっと10倍はうまいだろうな~。

そして、右側に並ぶのは「御幣餅(ごへいもち)」。
当地の「御幣餅(ごへいもち)」は串に刺されただんご型で、甘いクルミだれを付けてある。
それなりにうまいのだが・・・私は断然「天ぷら饅頭」派。

「天ぷら饅頭」は普段の食卓には上らず、概ね仏事?の時だけのようだが、
「御幣餅(ごへいもち)」はなにか事があるごとに出てくる。

先日、仏教ではなく神道のお葬式に列席した折にも「天ぷら饅頭」があったので、
仏教に直接関連するわけでもなさそうだ。

が・・・南信州のお盆の風物詩の一つではある。


【大暑(たいしょ)と土用の丑(どようのうし)】
7月23日が「大暑(たいしょ)」で27日は「土用の丑」。
「うだるような暑さ」に汗グッショリ・・・例年ならそんな言葉がぴったりの季節なのだが、
今年はまだ「夏」が来ない・・・!・・・などと思っていたら今日はいきなりの30度超え。
暑かった!!!!!。

「空の水が空(カラ)になってしまうのではないか?」
と心配になるほど連日の雨だった。
たまに覗いた晴れ間もすぐに雲に覆われてしまい、
ジメジメと肌寒い日が続いていたのだが・・・!。

そもそも「大暑(たいしょ)」とは「蒸熱酷暑を感ず」と言うことで、
そして「土用の丑」は・・・そう・・・あれの日。
この日は季節の変わり目にあたる為に体調を崩しやすく、
ビタミンAやビタミンB群などが多く含まれているウナギを食べ、
夏バテを防止する・・・と言うことなのだ。

しかし、このところウナギは超のつく高級品で、なかなか庶民の口には入らない。
特に国産ウナギは高く、有名店でうな丼を注文すれば安くても4千円はする。
ウナギがこれほど高くなるなんて思いもしなかった。

さて、九州や関西では梅雨が明けたとか?。
しかし、来週の天気予報を確認して見ても当地ではおひさまマークはほとんど無し。
夏バテどころか湿気で体にはカビが生えてきそう。

そして、このところの日照不足で夏野菜の成長が損なわれ、
店頭ではまたまた野菜が値上がりしているらしいね。

「過ぎたるは及ばざるがごとし」。
雨不足も大変なのだが、降り過ぎるのも困ったもの。
とは言いながらも季節は必ず廻り来て待望の梅雨明けももうすぐだ。
閑古鳥が鳴いていた海水浴場やプールにも子供たちのはしゃぐ声が響く日もそ近い。

我が家の近所のりんご園のりんごもずいぶん大きくなった。

ringoen02.jpg

梅雨をやり過ごせば、あとは台風が来ないことを祈るのみ。
今年もうまいりんごが食べられるかな?。