FC2ブログ
プロフィール

ファラオ南信州

Author:ファラオ南信州
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

信州ネットカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

田舎暮らしは男のロマン?女の不満?
南信州の山里で田舎暮らしをしている団塊の世代です。「田舎暮らし」と聞けば耳障りはいいのですが、生活習慣や価値観の違いで戸惑うこともしばしば。七転八倒、そんな田舎暮らしの様子をお届けいたします。
【鍋だよね】
私は結構スーパーなどへ行く。
奥方殿の買い物についていくことが多い。
ついていくというより「荷物持ち」の役割かな?。

それにしても寒くなってきた。
今朝の最低気温は0.9度・・・朝9時だというのに霜でクルマの窓は真っ白。
今は午後9時前だが、外気温は多分0度近くではないだろうか?。

こんな季節になるとうまいのが「鍋」。
今夜の夕食は「味噌煮込みうどん」で昨夜は「豚しゃぶ」だった。
そして「鍋」と言えば・・・キノコ。
エノキ・シメジ・シイタケなど、鍋に入れるとうまい・・・と言うことになっている。
もっともこれらは「誰でもが好き」な食材ではない。
我が家の息子殿は「世の中で最もマズイものはキノコ」だと言い張る。

まぁ・・・確かに・・・私もキノコを食べて「こいつぁうまい!」と叫んだことは一度もない。
と言うか・・・キノコに味なんてあるの?・・・が正直なところ。
マツタケは別にして、特に香りが良いわけでもないし、味もしない。
「食感」だよね・・・キノコの魅力は。

ところで、長野県は「キノコ県」。
「ホクト」なんて日本有数のキノコメーカーもあるし、
素人が採ってきた訳の分からないキノコも産直店や道の駅には山盛りになって売られている。
スーパーの棚のキノコの占有率も半端ではない。

KIMG0310.jpg

そして、私は食べたことはないが「エノキ氷」なんて妙なものまで売っている。
なに?・・・「エノキ氷」って・・・どうやって食べるのか不思議。

最近のテレビではゴールデンタイムに健康番組ばかりが組まれていて、
推奨される食べ物の中で、結構キノコが多い。
それを見た奥方殿がなんにでもキノコを入れるので息子がいやがる。
私は特にいやでもないが好んで食べるわけでもない。
だって・・・うまいと思ったことは無いもの。

せっかく奥方殿が私の健康に気を使って食材を選んでくれているので、嫌がらずにせっせと食べてはいるけど、
結論は
 「健康に良い物はうまくないが、うまい物は大体健康に良くない」
と相場は決まっている。
が・・・健康に悪くても飛び切り旨いものを食いたいねぇ。
旨いものが食えれば、少々早死にすることはいとわないから・・・ね。
 
スポンサーサイト
【今年もこれだぁ!】
秋・・・当地ではりんご狩りの季節。
この季節になると、私の得意先の農園から毎年、応援の依頼が来る。

今年は昨日(21日)からスタートだ。
当日は朝早くから観光バス8台に分乗して300人ほどのお客さん。

さすがにこの人数では目いっぱいでてんやわんやである。
そして、その後には個人のお客さんが入園され、息つく暇もない。

昼前になると、あれれ、農園の奥さんの姿が見えないぞ?。
そしてお昼・・・朝早かったので空腹感はひとしお。

1540090720740.jpg

オオ・・・こ・・・これは。
そうだった、いつもこの時期の「まかない」はこれだ。

イセエビの味噌汁にゴロゴロとマツタケが入ったマツタケご飯。
ここの社長はキノコ採りの名人で毎朝山に入って精を出している。
そのおこぼれが・・・これ!。

ダイエット中にもかかわらず、不覚にも「おかわり」。

1540090621261.jpg

マツタケ・・・当地のこの時期にはそれほど珍しくもないが、
お手伝いのまかないがこれだけ豪華だとちょっとうれしい。

うんうん、今回もおいしゅうございました。

【キノコが熱い】
当地の人たちのキノコに対する情熱はすごい。
いつだったか、近所の年寄りが珍しく散歩をしているので、
「いったいどうしたの?」
と聞いたら
「そろそろキノコの季節だから足腰を鍛えておかないとな」
などと言っていた。
さほど・・・キノコに対して思い入れが強いのだ。

ニュースでは連日
「キノコ採りに山へ入って崖から落ちて年寄りが死亡」だの、
「毒キノコを食べて数人が中毒」だのと報道されているのだが・・・!。

命を懸けるほど価値があるものなの?・・・と当方は不思議である。

ところで今日、我が家からクルマで5分ほどの距離にある地元のヤサイ直売所で
「キノコ祭り」なる催しがあった。

kinoko1.jpg

なんでも入山料を払って山に入り、キノコを採ってくるという催しらしい。
参加者には、各自が採ったキノコの他に
 マツタケご飯
 キノコ汁
 焼き鳥
 キノコが入ったかき揚げ
などがふるまわれるのだとか?。

kinoko4.jpg

「生ビール」や「焼き鳥」があるとの事だったので、奥方殿と行って見た。
久しぶりに昼間っから飲むビール・・・うまい。
焼き鳥は前回から「冷凍もの」から「生の手差し」に変わりなかなかの物。

kinoko3.jpg

揚げたて熱々のかき揚げもイケル。

kinoko2.jpg

そして、中の売店ではこいつが・・・。

kinoko5.jpg

上段左から右へ
 2,500円 3,700円 3,600円 2,300円
下段も左から
 3,000円 3,300円
高いのか安いのかはわからないが、正真正銘、採れたて国産のマツタケであることは疑う余地がない。

しかし・・・山に入って自分で採ってくる人ばかりが集まっているところでマツタケを売ったって、
誰も買わないんじゃない・・・と思うのだが?。

まぁ、地元の有志がやる事なので、商売っ気はないし、こんなものかもしれない。

明るいうちからビールと焼き鳥・・・ごちそうさまでした。
 
【今年は3回目】
デカイ・・・重い・・・300gを超える。
今年はこれで3回目。
最初のはマツタケご飯で頂きました。
前回のはまだそのまま冷蔵庫の中。
今回のは・・・さて・・・どうしよう。

パソコンの不具合を見てあげたらこんなのをいただいた。
今年はどうやら豊作らしい。

1013matutake.jpg

焼きマツタケか?・・・でもお炭火が無い。
すき焼き?・・・ちょっともったいない。
お吸い物?・・・こんなには使いきれない。

ゴロゴロとマツタケが入ったマツタケご飯に土瓶蒸!・・・だね。

ただ値段が高いから珍重される訳けで、これだけを食べてもそれほど旨いものではない。
焼きマツタケなんて素人がガスコンロで焼いてもなかなか上手には焼けない。

物がモノだけに・・・どうしようかとちょっと悩む。

いずれにしろ、感謝感謝です。
 
【今年もお目にかかれて!】
空は青く高く絶好の秋晴れ・・・朝はきっと・・・!。

いやぁ・・・1年ぶりでござんす。

「今年は手に入った?」。
「いやぁ、まだです」。
「それなら良かった・・・ちょっと開いてるけど」。
「いやいや、なんでも良いですよ、高級品ですから」。

去年は不作だったらしいが、今年は豊作だと聞いている。
やはり・・・この時期・・・一度くらいはね。

matutake2.jpg

今夜はマツタケご飯にマツタケのお吸い物あたり?。
これだけあれば土瓶蒸しも悪くないが、そこまで望むのは無理か?。

アッ、そうそう・・・今夜は地区の秋祭りで飲み会があった。
こいつは明日にしてもらおう。
 
いや・・・本当に・・・ありがとうございました。