fc2ブログ
プロフィール

ファラオ南信州

Author:ファラオ南信州
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

信州ネットカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

田舎暮らしは男のロマン?女の不満?
南信州の山里で田舎暮らしをしている団塊の世代です。「田舎暮らし」と聞けば耳障りはいいのですが、生活習慣や価値観の違いで戸惑うこともしばしば。七転八倒、そんな田舎暮らしの様子をお届けいたします。
【5年ぶりにブログが更新されて一安心】
もう10年以上前になるだろうか?、一人でタイのあちらこちらを旅行した折に、チェンマイで移住生活をおくっておられたMさんと言う方に大変お世話になった。
現地では色々な所へ案内していただいたり、食事をごちそうになったり、そして、帰国間際に私が体調を崩したときには親身になって心配していただいたりと、本当にお世話になった。

そのMさん・・・チェンマイの野鳥観察のブログを主宰されていて、タイから帰国した後もお互いに連絡を取り合ったりしてお付き合いをさせて頂いていた。

188596824.jpg
※画像はMさんのブログから拝借

が、2017年4月末の書き込みからほぼ5年の間、全くブログが更新されず、何か良くないことがあったのかととても心配していたが、なんと、今年の2月になって久しぶりにブログが更新された。

なんでも、体調を崩されて現在は日本に帰国して、関西のさるケアハウスで暮らしておられるとか?。
当然ながらブログの記事の情報なので具体的な居場所などの詳細は不明だが、とりあえず、ブログが更新されたことで一安心。

私より一つ二つ年長の方だったと記憶しているが、お互いに齢を重ねて、これからは何があっても驚けない。

まだチェンマイに拠点を持っておられて野鳥の撮影機材などもそこに置いてあるようなので、是非復活していただいて、再び美しい野鳥の姿が見たいものだ。

もしも連絡が取れるものなら、ぜひもう一度お目にかかりたいと思っている。

「チェンマイの野鳥」Khun Marutさんのタイ日記は → こちら



スポンサーサイト



【チューリップ】
ゴールデンウイークもあっという間に終了。
明日を休みにすればまだ3日間連休が続く会社もあるようだが、私が知る限りは今日で一旦区切りをつける会社が多い。

ところで、概ね一ヶ月から二ヶ月に一度、娘が帰省してくるが、前回帰省した時に娘が持ってきてくれたチューリップの球根がこんなに立派な花になった。

小さいほうの鉢は娘が、大きい方の鉢は私が球根を埋めたのだが、両方とも5色のチューリップが見事に咲いた。

turip.jpg

他にもイチゴの苗やオリーブの木など、帰ってくるたびに色々と持って来るのだが、この中のオリーブの木は、私が水をやり過ぎて今や枯れる寸前・・・瀕死の重傷となってしまい、娘に復活を依頼したのでが、うまく行くかどうかは微妙なところ。

しかし、さすがに植物系の会社に勤めているだけあって、このチューリップの花の大きい事。
来年も同じように花を咲かせてくれるよう、大事にしておかないとね。



【御柱式年祭】
私が住んでいる山里「千代」の山奥にある「野池神社」。
なんでも諏訪大社「信濃の国二宮」と言う、諏訪大社に次いでランクが高い神社なのだそうだ。
聞いた話なので、間違えていたら謝ります。

その「野池神社」では7年に一度、寅(トラ)と申(サル)の年に「御柱式年祭」が執り行われる。
7年に一度とは言われているが、今風に言えば、実際には満6年に一度と言う事。

それがいよいよ明日(4月10日)に行われる。さて、「御柱式年祭」と言えば「天下の奇祭」と言われている諏訪市諏訪大社の「木落し」が有名だ。
毎年全国的にテレビで放送されるので、ご存知の方も少なく無いだろう。

ところで、私が当地へ引っ越してきて初めて知ったことだが、「御柱式年祭」と言うのは諏訪大社の複数の系列神社で行われていて、くだんの「野池神社」でも諏訪大社と同じ年の同じ時期に催されてきたそうだ。
もっとも、全ての神社で「木落し」が行われるわけでは無く、「野池神社」の御柱式年祭は「里引き」と言って、切り出した柱を住民で引きずって神社本殿前の柱の建立場所へ移動させるのが見どころのようだ。



当地へきて18年、実は引っ越してきたのが御柱式年祭の年で、既に祭りが終わってしまった6月に転居して来たので、その年の祭は見られず、もしも今年が順調に開催されていれば、見られるのは3度目となる。

そのれがいよいよ明日(4月10日)に行われる。
が、このコロナ禍・・・いつものような「里引き」は中止となってしまった。

当地の人々のこの祭にかける熱量は相当なもので、気合の入れ方も半端では無い。
よって、「里引き」の中止は、この祭りを楽しみにしていた人たちにとっては、とても残念なのだろうと想像する。

御柱に使われる大木は、地元の杉の木をベテランの目利きが選ぶのだそうだが、その切り出しから既に祭りは始まっている。



そして、切り出した木の上の端と下の端を切り落とし、型を整えて御柱にするのだが、この切り落とした部分も神聖な木として扱われる。

私は数年前から地元の「商工会」に加盟しているのだが、実はこの「切り落とした」部分を再加工して、我々地元の商工会が中心となり「御柱式年祭縁起置物」として売り出している。

いつもの年なら、遠方からの人も含めて大勢の見物客が「御柱式年祭」に集まるのですぐに売り切れてしまうのだが、今年はこのコロナ禍で「里引き」が中止になってしまい、見物客は全く期待できず、このままでは「売れ残る」事も予想される。

と言う事で、今回から全国に向けて「ネット販売」を試してみることになった。

材質は実際に建立される「御柱」の上端と下端の部分で、置物に加工してからも、神主にお祓いをして清めていただき、ご利益があるように祝詞も上げていただいている。

サイズは手軽な中サイズから大迫力の特大サイズまであり、部屋の広さや置く場所に合わせて選べるようになっている。



貴重な「本物の御柱」の一部が自宅に置けると言うのが最大の魅力で、その上、手に入るのが7年に一度と言う希少な物なので価値は高い。

ご興味がおありになる方は → こちら




【戦争なのにこんなことって】
ウクライナへのロシアの侵攻で世界中が大混乱。
その大きな戦力差で劣勢が伝えられたウクライナだが、大統領を中心に国民が一丸となった戦いでロシアの大群を押し戻しているらしい。

そんな中、Yahooニュースにこんな記事が掲載されていた。

記事は→ こちら 

本当にこんなことってあるんだとびっくり!
戦争なのに・・・なんかちょっとほほえましい。

【ビッグマック指数】
ビッグマック指数という言葉をご存知ですか?。
ビッグマック指数とは、「エコノミスト」というイギリスの経済誌が毎年発表している、1986年から調査が開始されている経済指標の1つです。

世界100ヶ国以上で販売されているマクドナルドのビッグマックは、ほぼ全世界で同一の品質ということから、その価格を比較することで、それぞれの国の通貨が過小評価されているのか過大評価されているのか判断するために使われます。

BIGMAC
 
例えば、日本でビッグマックが400円、アメリカでは4ドルであれば、
 400円÷4ドル=100
となり、為替レートが1ドル=100円であれば、適正な価格ということになります。
このときの為替レートが1ドル=110円であれば、
 100÷110≒0.909
となり、-9.01%がビッグマック指数として計算され、現在のドルに対する円が過小評価され、今後1ドル=100円と円が強くなる可能性があるという見方ができます。
 
2021年7月の指数では、日本とアメリカのビッグマック指数は-37.2%となっています。
2021年9月1日時点の為替レートは1ドル=110円程度ですので、
 110×(1-0.372)≒69
となり、1ドル=69円くらいが妥当と考えられ、現在の円は非常に過小評価されていることになります。

数式が多くちょっと難しい話になりましたが、取り合えずは現在の円とドルのレートは余りにも円が安すぎると言う事です。

ビッグマックの価格の動きに注目すると、アメリカのビッグマックの価格はずっと右肩上がりになっていました。
が、日本のビッグマック価格は1991年のバブル崩壊後に値を下げて、2012年のアベノミクス以降に価格が戻ってきていますが、ほぼ横ばいです。

日本とアメリカの30年間の国内総生産(GDP)もビッグマック価格と同様に、アメリカのGDPは右肩上がりとなっていますが、日本ではほぼ横ばいとなっています。

ビッグマック指数は、通貨の割安感や割高感を比較するものですが、こうやって経済成長しているアメリカと経済成長がほぼない日本を比較すると、経済成長も価格に影響することが見えてきます。

ちなみに、世界のビッグマック指数の上位は、
1位 スイス     804円 6.98ドル +20.16
2位 ノルウェー    737円 6.39ドル +10.03
3位  アメリカ     669円 5.81ドル   0.00
4位 スウェーデン   667円 5.79ドル  -0.43
5位  ウルグアイ    625円 5.43ドル  -6.58
6位 イスラエル    616円 5.35ドル  -7.92
7位 カナダ      613円 5.32ドル  -8.38
8位 ベネズエラ    583円 5.06ドル -12.87
9位 ユーロ圏     571円 4.95ドル -14.72
10位 デンマーク    556円 4.82ドル -17.02
11位 イギリス     555円 4.82ドル -17.10
12位 アラブ首長国連邦 533円 4.63ドル -20.34
13位 ニュージーランド 530円 4.60ドル -20.87
14位 オーストラリア  520円 4.51ドル -22.39
15位 シンガポール   503円 4.36ドル -24.90
又、、他の主だった国は、
25位 タイ       443円 3.84ドル -33.83
26位 中国       442円 3.83ドル -34.02
27位 韓国       440円 3.82ドル -34.32
33位 日本       390円 3.38ドル -41.74
48位 台湾       311円 2.70ドル -53.59
今話題のウクライナとロシアは
52位 ウクライナ    280円 2.43ドル -58.13
57位 ロシア      201円 1.74ドル -69.99

総じて欧米のビッグマック指数は高く、アジアが低い傾向です。
そして、ロシアは調査対象国の中では最下位の57位、ウクライナも52位と東欧諸国はより低くなっています。

スイスやノルウェーでビッグマックを注文すると単品で700円を超え、ほぼ日本の倍の値段です。
これを見ると、日本の物価が安く感じて観光客が多く訪れるのも分かりますね。