プロフィール

Author:ファラオ南信州
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

信州ネットカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

田舎暮らしは男のロマン?女の不満?
南信州の山里で田舎暮らしをしている団塊の世代です。「田舎暮らし」と聞けば耳障りはいいのですが、生活習慣や価値観の違いで戸惑うこともしばしば。七転八倒、そんな田舎暮らしの様子をお届けいたします。
【8月のクリスマスⅡ】 
「おらが村出身の歌手」で地元では絶大な人気を誇っている「小沢亜貴子」さん。
来週の日曜日(21日)には彼女の故郷(当地)での歌謡ショウが開催される。
なんと、入場は無料なのでぜひご参加を・・・と言う事なのだが。

そんな彼女の持ち歌に「8月のクリスマス」という曲がある。
※ちなみにネットで「8月のクリスマス」と検索すると韓ドラがヒットしてしまうけど、
 韓ドラとは全く無関係なので念のため・・・。
軽快なポップス調の曲で、演歌歌手である彼女の持ち歌の中では唯一私が好きな曲。

bg03.jpg
※画像は昨年、地元の後援会屋外パーティでの様子。

「なぁ~んだ!、この曲以外は嫌いなの?」
なんて意地悪なつっこみをもらいそうだが、
その通りで、私は演歌が全くダメなのである。
だから、美空ひばりであろうと五木ひろしであろうと小沢亜貴子であろうと、
演歌調の「こぶし」をまわす調子の歌謡曲は聞く気になれない。

勿論、好き嫌いの問題なので演歌の魅力を否定する気持ちなどサラサラ無いし、
逆に、演歌につけられる歌詞の力はすごいと感心している。

例えば
「上野発の夜行列車降りた時から、青森駅は雪の中。
 北へ帰る人の群れはなぜか無口で・・・」
なんて詩を読むとぞくぞくするような臨場感に日本語のすごさを感じる。
まず、「上野発の夜行列車」に乗る人の境遇と今の気持ちが、
「青森駅は雪の中」と「北へ帰る人の群れはなぜか無口で・・・」でドーンと心に入ってくる。
決して彼らは「事業に成功して故郷に錦を飾る」ために北へ帰るわけでは無く、
それぞれが深い心の傷を負っているに違いないし、
もしかすると自殺さえも考えているかもしれないほど辛いだろう。

あ・・・いやいや、津軽海峡冬景色の解説が本題ではない、
「8月のクリスマス」についてのお話なのだ。

若者にとって夏祭りの中心となる花火大会は、
冬のクリスマスに匹敵するビッグイベントだと言う事は以前にも書いた。

高校生や大学生のバイトに頼っているコンビニや飲食店などは、
クリスマスイヴや花火大会当日のシフトを埋めるのに相当苦労するらしい。
かくいう私も昔は本当に苦労した。

つまり夏の花火大会は若者にとって「夏のクリスマス」と言う位置づけだと言う事を言いたかったわけで、
ずいぶんと遠回りをしてしまったが、
実は当地では昨日(8月16日)がその「夏のクリスマス」だった。

息子と奥方殿と3人で出かけるのが我が家のこの日の毎年のならい。
で、昨夜も花火大会会場の近くのイタ飯屋で夕食を済ませ、
例年と同様にイカ焼きや焼きそばの屋台でにぎわう花火大会会場まで出かけてみた。

いやぁ・・・今年はすごいね。

車2台がかろうじてすれ違えるほどの細い道が歩行者天国になっていて、
300mほどの道路の両側にはどこの祭りでも見られるような屋台がびっしり、
そして、そぞろ歩く人の波はいつもに増して多く感じたのだが、まずはその年齢にびっくりした。

最年長者は・・・私・・・ぐるりと見まわしても30代以下ばかりで、60代はいない。
最も多いのが、慣れない浴衣を着た中学生か高校生の女の子達で、
それを目当てにした若い坊主どもが数人でごろごろ。
そして・・・「8月のクリスマス」をここぞとばかりに楽しむカップルがこれ見よがしに手をつないで歩く。
まれに・・・小さなお子さんを連れて人込みを分ける家族連れ・・・。

つまり・・・年寄りがいない・・・まるでディスニーランドに迷い込んだかのような不思議な光景。

アイヤー・・・こんなに若者がいたんだ?・・・とびっくり。
例年にも増して多くの若者でにぎわっていたような気がする。

これだけ若者がいるんなら
「案外・・・日本もすてたもんじゃぁないかもしれないな?」。
などとちょっぴり感激。

少子高齢化が顕著だと言われる田舎なのに、結構いるんだよね~・・・若者。
が、このうちの何人が地元に残るのかなぁ?。
そう・・・どうやったら若者を地元に定着させる事ができるのか?。
と言う事になると・・・教育や収入の問題が絡んできて、都市集中型から抜け出すのはなかなか難しい。

などと考えていて、花火はほとんど見なかった。
まぁ、毎年一緒なんだもの・・・今さら花火ったってねぇ。
ドド-ンの音だけ聞いて、クレープ食べて、すぐに帰ってきちゃった「8月のクリスマス」。
汗ぐっしょりであまり気持ちが良くはない。
北半球のクリスマスはやはり雪景色が似合うのだ。
 

スポンサーサイト
【DISCOブーム再来?-16 今年はエンジン音が!】 
お盆も終わろうとしているのにこの暑さは一向に衰えない。
ほんの数年前までは、お盆の声を聴くとどこからともなく夏の終わりを感じさせる涼風が吹いてきて、
ほっと一息つかせてくれたのだが、
今年は、たっぷりと湿り気を帯びた生暖かい風が吹いてくるだけ。

「夏の涼しさがなくなったらいいこと何にも無いじゃん」と奥方殿。
確かに・・・別荘気分で過ごしていた涼やかな夏がこれでは・・・?。
冬は冬でめっちゃ寒いし雪も積もる。
こんなことなら、少々暑くても、いっその事、冬が暖かなところの方がいいかも?。
台風銀座は嫌だけど、沖縄あたりが魅力的に思えるねぇ・・・、
今の時期は海に囲まれているだけにあちらの方が暑くないかも。

ところで、去年までの夏の朝は、山間に響き渡るエンジン草刈機の音に悩まされていた。

夕方5時に風呂に入り、6時に晩飯を食べて8時には寝てしまう、
朝は3時過ぎには起きだして新聞の配達を心待ちにしている・・・なんてのがここらの生活サイクルで、
我々の生活時間帯とは4時間以上ずれている。
我が家は全員が毎晩日付が変わってからご就寝なのだから、草刈りが始まる時間はまだ夢の中である。

それなのに、日の出と同時の「ブブーン・ブブーン」だった。
が・・・今年は・・・めったにこの「ブブーン・ブブーン」が聞かれない。
朝が・・・妙に・・・静かなのである・・・これはこれで・・・ちょっと気持ち悪い。

近所の「おじさん」や「おばさん」がいつの間にか「じいさん」・「ばあさん」になってしまい、
この猛暑で・・・もう生きながらえるのが精いっぱい・・・草刈りどころではなくなってしまったか?。

日の出まではなんとかしのげるが、日が昇るにつれて温度計も急上昇、
そりゃぁ・・・炎天下で1時間も草刈なんぞをしていればすぐに熱中症になっちゃうもんね。

それもそのはずで、近所のおじさんおばさんはみんな70台の半ばを過ぎちゃった。
こうして・・・少しずつ・・・高齢化が進んでいって、
気が付けば田畑は荒れ果てて、草ぼうぼうの自然へと回帰していくのだろう。
もう10年もたてば当地の人口は半分になっているかも?。
私もいなくなる側に入るのかなぁ・・・暗いねぇ・・・田舎の将来。

disco2.jpg

と言う事で、気分を変えよう・・・気持ちに活を入れて・・・!。

ペニー・マクラン「レディ・バンプ」。



元気を出すならこれ、Earth Wind & Fire の「Boogie Wonderland」。



やはりライブの映像は大迫力・・・こんなバンドが昔はゴロゴロあったのにねぇ。
 

【DISCOブーム再来?-15 「テレビでも取り上げられた】 
東京都知事選の大フィーバーもリオ五輪の日本人選手の活躍で一気にかすんでしまった感じ。
今や小池新知事の名前はマスコミからほぼ消えてしまったし、
庶民の興味はオリンピックでの日本人選手の活躍に移ってしまった。

地球の裏側のブラジルで行われるリオデジャネイロオリンピック・・・!、
日本人も多く住む国で開催されるというのに事前の盛り上がりにはイマイチ欠けたが、
いざふたを開けて見れば、日本選手のメダルラッシュで、ニュースやワイドショウなどはもうオリンピック一色。

「オリンピックったって興味わかないよね」などと言っていた我が奥方殿も、
このところは夜中までテレビに釘付けである。
「あの子がこうで、・・・この子があーで・・・」と結構なしたり顔で話しかけられるのだが・・・?、
そう言われてもねぇ・・・じつは私は・・・今でも・・・ほとんどオリンピックに興味がない。

「てめえは非国民か?」と叱られそうだが、
スポーツ観戦には昔からあまり気が乗らないんだよね。
特に体操・柔道・レスリング、それに夏季オリンピックではないがフィギアスケートなど、
何が良くて何が悪いのか?・・・さっぱりわからないし、
審判が個人的な主観で点数をつける競技には特に違和感を感じてしまう。
実際に韓国のオリンピックでは審判の買収騒ぎもあったしね?。

と言う事で・・・実は私は自他ともに認める「非国民」なのだ。

もっとも、スポーツ観戦だけでなく、催事や祭りのイベントなどにもあまり興味がわかないんだよね。
こう・・・なんて言うか・・・決まった路線にのっかっちゃったと言うのがダメなのかな~。

「去年こうだったから今年もそれで行きます」なんてのには「ふ~ん」と空返事なんだけど、
「こんどこんな事したいんだけど、面白いやり方無いかな~」なんて話が来るとそれはそれで乗れる。
そう・・・面白いのは「企画屋」さんなんだよね~。
「こんなことしたらどんな反応があるのかな?」と想像している時が一番。
そして、実際に展開して「当たり」が取れればもう最高・・・、
さぁ、次は何をどうしようと次回の策を練る・・・こういうのが好きなんよね。

disco2.jpg

ところで、しばらく前のこと、BSを見ていたらディスコミュージックの特集番組をやっていた。
イエイ!イエイ!・・・あったよあったよ・・・あんな曲・・・!。
体をゆすりながらこっそりヘッドフォンで聞いていたが、家族はどう思っていたんだろう?。
そして、提供スポンサーはディスコ曲のCDの販売会社で、
確か50曲+アルファのCDセットが一万円ほどだったかな?。

やはり・・・ディスコブーム再来に乗っかって商売ができるんだよね。

そしてつい先日も、旅番組でイタリアの小さな島を特集していたが、
その島の主だったホテルにはほとんどディスコが併設されているそうだ。
老いも若きも男も女も踊る・・・踊る・・・踊る・・・さすがにヨーロッパ人はオシャレ。

このところの日本のディスコブーム再来もやはりアメリカやヨーロッパの影響からなんだろう。
とは言え、これも大都会のごく一部の人たちが騒いでいるだけで、
私が住んでいる田舎には過去に一軒のディスコも無かったし、勿論これからもできることはないだろう。

当時、マハラジャなどのフロアで踊っていた若者たちのご身分は、
芸能人やマスコミ関係に、アパレル業界や美容業界などのファッション関係、
それに親のすねをかじりながらも少々ぶっ飛んだ学生達と相場が決まっていた。
役場の水道局の職員がディスコでフィーバーしていたなんて話はあまり聞かなかったからねぇ。
そう・・・共通点は皆「オシャレ」だったと言う事。
勿論ファッションもオシャレなのだが、気持ちもシャレていたんだよね。

と言う事で、このイントロを聞くと懐かしさで涙が出る・・・ヴァン・マッコイの「ハッスル」



そしてこの人を忘れてはいけない・・・ドナ・サマー「Hot Stuff」。



いやぁ・・・ホント・・・あの頃は良かった!・・・イェィ!。
 







【これだけ巧妙だと・・・!】
以前にも書いたが、私の仕事の一部はホームページの管理。
複数のホームページからやってくるオーダーや問い合わせ・苦情などのメールも、
私がクライアントに成り代わって返信をしている。

現在管理しているメールアドレスは自身の3個を含めて13個。
つまり10件の「なりすまし」をしていることになる。
が、今のところはこの件で何か問題が起きているわけではなく、
業務はいたって順調・・・自分でも「よくやってるよなぁ」と思うことしばし。

そんなメールアドレスに最近素晴らしい(?)スパムメールが来るようになった。

自分のメールアドレスならどんなメールが来るかわかっているので、
それ以外のメールはすべて削除してしまえばよいが、
クライアントのアドレスとなるとそう簡単に片づけてしまう訳には行かない。

「知り合いがホームページからメールを送信したのかな?」
とか
「お客さんからのメールかも?」
とか、何かと気を遣うのである。

で・・・これ!。

mail01.jpg

こんなメールが着信したら、ましてや自分のアドレスではなかったら、
絶対なにか用件があってのメールだと思うよね。
普通なら間違いなく・・・添付ファイルを開いてしまう。

が・・・添付ファイルの拡張子は「zip」で圧縮ファイル。
そのうえ、ファイル名が「IMG_foto_9999999」などととんでもなく怪しげでもある。
写真のフォトは「photo」で「foto」なんて綴りじゃあない。
デジカメ画像を装っても「foto」なんて綴りでは・・・すぐに「偽物」だとわかる。
こんな間違いを犯すのは・・・送信元は漢字文化圏?だろうね。

幸いなことに、私には多少の知識があるのでわかるのだが、
一般のパソコンユーザーはこんな細かいところまで目がいかない。
で・・・思わず「なんの写真だろう」などと添付ファイルを開いてしまう。

勿論・・・開けば・・・すぐにウイルスに感染・・・となる。

セキュリティプログラムがしっかりガードしてくれれば良いが、
もしもデータ更新の期限が切れていたり、
あるいはセキュリティプログラムがインストールされていなかった場合は、
そのまま感染してしまい、
最悪の場合はこのパソコンから送信されるメールにウイルスが添付されて、
どんどん拡散してしまうということになる。

ああ・・・恐ろしや・・・こんなことをされたら迷惑千万である。

と言うことで、誰かわからない奴から写真など(らしいファイル)が添付されて来たら、
問答無用でそのメールを削除してしまおう。
ゴミ箱に入れるだけではだめで、完全に削除しなければいけない。
仮にそれが知り合いからだったとしてもだ。

※この「完全に削除」する設定になっていない人が多いのも不思議。
 ゴミ箱(削除フォルダ)に大量のメールが残っているパソコンをたまに見かけるが、
 本人は「削除」したつもりでも「削除」されていないので要注意。

完全に送信元がわかっていて、内容まで把握できるものでなければ、
添付ファイルを開いてはいけない。

本人だけでなく、周りにも迷惑をかける可能性が高いので、肝に銘じていただきたい。
 

【梅雨明けの絶品】
梅雨が明けたと言うのに今日は雨。
昨日まで猛烈な暑さだったが、今日は一転、ヒンヤリとして少し肌寒いほど。
この涼しさも明日までのようで、明後日からは猛暑日になるのだとか?。
こんなに気温が上下すると体がついていかないよね。

さて、梅雨明けの楽しみと言えば一番は・・・これ。
一週間ほどの短い期間しか味わえない「梅雨明けの絶品」である。

夏の桃「あかつき」がそれ。
「あかつき」はちょうど梅雨明けのこの時期が旬で、
きれいな桃色としっかりとした果肉、高い糖度が魅力の当地では最も収穫量が多い品種である。

momo16.jpg

つい先ほど、知り合いの農園さんから自家食用にと分けてもらってきた。
自家食用とは言いながら・・・なんとデッカイ・・・おいしそう!。
さっそくその場でかぶりついてみたが、期待通りの甘さとこぼれんばかりの果汁。
うううう・・・う・ま・い!。

小さな傷や打ち身があって贈答用にはできないものをお値打ちに分けてもらえるのだが、
家族で食べるだけなので傷なんかは全く気にならない・・・「うまけりゃOK」は当然。

私はじっくりと追熟させて、とろりと柔らか目の桃が好きなのだが、
「いやいや・・・堅めの桃が絶対うまい」とおっしゃる方々も少なく無い。

いずれにせよ、私の好きな果物のうちでも桃は最上位にランクする。
これが食べられる今の時期は至福の時期である。

早速冷蔵庫に入れて・・・しっかり冷やしていただこう。
農園さんには感謝感謝の一言だね。

もっとも・・・これだけあってもすぐになくなっちゃうんだよね・・・うまいものは!。
我が家の家族も好きだからね~桃!。
ダイジにダイジに食べなくっちゃ・・・ね。