FC2ブログ
プロフィール

ファラオ南信州

Author:ファラオ南信州
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

信州ネットカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

田舎暮らしは男のロマン?女の不満?
南信州の山里で田舎暮らしをしている団塊の世代です。「田舎暮らし」と聞けば耳障りはいいのですが、生活習慣や価値観の違いで戸惑うこともしばしば。七転八倒、そんな田舎暮らしの様子をお届けいたします。
【天ぷら饅頭と御幣餅】
当地では、お盆になると「白シャツと黒ネクタイの爺さんが運転する軽トラ」が山道を走り回る。
「新盆(しんぼん)」と言って、昨年のお盆以降に亡くなった人の初めてのお盆を迎える家々を訪ねるのだ。
田舎では高齢化が顕著で、亡くなる人は年々増えている。
と言うことで、何軒もの新盆の家をお盆の間に走り回ることになる。

ところで、当地の葬式・お盆・お彼岸の時に出される御馳走の中に「天ぷら饅頭」と言うのがある。
読んで字のごとく「饅頭の天ぷら」なのだが・・・私は当地へきて生まれて初めての体験した。

この時期、ローカルのスーパーは勿論の事、大手のショッピングモールの食品売り場にもこれが並ぶ。
画像は揚げてない素のままの饅頭だが、すでに揚げてあるものも売っている。
左側の白いのが揚げる前の天ぷら用の饅頭。
これに衣をつけて海老や野菜と同じ要領で天ぷらにしてしまう。

obon.jpg

実は・・・これが結構イケてしまうのだからちょっと困る。
中には「こし餡」が詰めてあり、饅頭は饅頭なのだが、揚げることによって何とも言えない風味が出る。
ウマイ・・・実にうまいのである。
昨日、スーパーで既に揚げてある「天ぷら饅頭」を買ってきて食べたのだが、
少し冷めていたにも関わらず、うまかった。
揚げたてならきっと10倍はうまいだろうな~。

そして、右側に並ぶのは「御幣餅(ごへいもち)」。
当地の「御幣餅(ごへいもち)」は串に刺されただんご型で、甘いクルミだれを付けてある。
それなりにうまいのだが・・・私は断然「天ぷら饅頭」派。

「天ぷら饅頭」は普段の食卓には上らず、概ね仏事?の時だけのようだが、
「御幣餅(ごへいもち)」はなにか事があるごとに出てくる。

先日、仏教ではなく神道のお葬式に列席した折にも「天ぷら饅頭」があったので、
仏教に直接関連するわけでもなさそうだ。

が・・・南信州のお盆の風物詩の一つではある。


スポンサーサイト
【これを読んで日本人は納得できる?】
日韓で揉めに揉めている最中だと言うのに今度は香港が火だるまになっている。

香港の自由を守りたいと言う人たちの気持ちはわかり過ぎるほど解る。
「がんばれ香港」と声援も送っている。
しかし、問題の根元は香港の国内問題なので、空港を占拠して外国の旅行客にまで迷惑をかけるのはまずい。
香港のイメージダウンだけでなく、最悪の場合は、本土の軍隊や武装警察介入の言い訳を与えかねない。
デモは整然と規律正しく実行してもらいたい。

当事者ではなく遠く離れた安全な日本からぬる~いことを言っているように思われるかもしれないが、
自由市民を応援しながらもその危うさに少なからず危惧をする。

でもでも・・・「加油・・・香港」の気持ちは全く変わらない、頑張ってもらいたい。

翻って・・・韓国・・・ネットにこんなインタビュー記事が掲載されていたので読んでみた。

https://news.yahoo.co.jp/byline/seodaegyo/20190814-00138415/

著者はさも紳士然を装ってはいるが、言っていることは今の大統領と全く同じ。
つまり、「1965年の日韓請求権協定」は、時代が変わったのだから「改めて見直す」と言うことだ。
そして、「不可逆的な慰安婦合意」も見直しが妥当だと・・・!。

安倍首相の言う「韓国はゴールポストを動かす」がその通りに思えてしまう。
その上「真摯な謝罪がない」と何度も何度も言うが、大統領が変わるたびに同じことを言われるのにも疲れる。
時代が変われば、あるいは大統領が変われば、再び三度、蒸し返される事は間違いが無い。

現在生きている日本人のほとんどは「戦争を知らない子供たち」で、
実際に強制徴用を強いたわけでもなければ慰安婦として女性を連れ去ったわけでもない。
その上、日本の学校ではこの辺りの教育はほとんどされていないので、
徴用工だの慰安婦だのと言われてもほとんどの日本人にはマスコミの報道以外には知識もないはず。

そして、戦争と言うのは得てしてそういうもので、
戦地ではどこの国も同じようなことをやってきたことは容易に想像できる。

日本に対して大騒ぎしている当の韓国だってベトナム戦争ではずいぶん酷いことをしたらしい。
「ライダイハン」と言われる韓国人の兵士とベトナム人女性の間に生まれた子供が大問題になっているが、
このことに関しては韓国政府は知らん顔をしている・・・勝手なものである。

ところで、第二次世界大戦では日本は韓国・中国以外にもアジアの多くの国に侵攻して行って、
それらの国民にも同じ様な迷惑をかけたのではないかと私は思っている。
が、台湾へ行っても、マレイシアへ行っても、インドネシアへ行っても、タイへ行っても
韓国のようにいつまでも昔のことばかりを持ち出してイジイジと言ってくる人たちにはお目にかかったことが無い。
それどころか、日本の国や日本人に対してはとても良いイメージを抱いてもらっているようで、
すこぶる日本と日本人の評判は良いのだ。

それなのに・・・韓国は?・・・である。
とにかく人間関係も含めて、鬱陶しい奴とはあまり付き合いたくはない。
ビジネスパートナーとしてやって行こうと思えばなおさらである。

その意味では、日本にとっては韓国などあっても無くてもどちらでも良い隣人。
ギャーギャー言われてもいちいち相手にせずに知らん顔して放っておけばよいのではないか?。
約束を守らない人とはビジネスなど到底できないのだから。

と言うことで、鬱陶しい奴とは付き合わないようにしよう!。
 

【鬱陶しいだけの隣人は要らない】
今年も来た・・・この季節。

momo01.jpg

年間を通して、フルーツの中で一番好きなのがこの「桃」と「梨」。

今年は梅雨明けが遅くいつまでも晴れた空が見られなかったので心配していたが、
この通り、美しい「桃色」を見られて一安心。
傷がついたり虫が食ったりと、出荷ができないものをもらってきたのだが、
自家食ならもうこれで十分。

とろ~りと甘い「桃」ならではのおいしさ・・・早速冷蔵庫に入れて冷やして食べよう。
我が家はみんな「桃好き」なので、これだけあっても5日ほどしか持たない・・・贅沢だね~。

ところで、お隣の韓国とのもめ事は収まる気配を見せない。
今までの日本政府は歴史問題を気にしてあまり隣国に強い態度で臨んでこなかったが、
今回は少々強気で攻めているようだ。
いつまでも「日本は加害者」だからと「被害者」面して言いたい放題だった隣国だが、
70年も過ぎ去った今でも相変わらずの被害妄想。

日本人のほとんどが「戦争を知らない子供たち」になってしまっているのに、
今更「加害者だ、加害者だ」と言われてもねぇ・・・私はピンとこない。
それに・・・私は何にもしてないし。

今日のお隣の国の大統領の発言がこれ!。
「加害者である日本が居直って大口を叩く状況を決して座視しない」
もういい加減に被害者意識を改めないと相手にされなくなるよ。

「韓国と日本には、不幸な過去の歴史に起因する深い傷がある。しかし、両国は長い間、その傷を縫い、薬を塗って包帯を巻き、傷を癒そうと努力してきた。ところが、今になって加害者である日本が、むしろ傷をえぐるなら、国際社会の良識が決して容認しないことを直視すべきだ」
「傷をえぐった」のはどっち?・・・そもそもの発端はあんたんとこの徴用工判決だろ?。

とにかくこの国は国際的な約束事を平気で破るし、
大統領が退任すると自殺したり裁判にかけられたりとなんとも異様な国。

日本政府はもうこんな国をまともに相手にしなくてもいいんじゃぁないの?。
日本企業も直接被害を受けないうちにとっとと撤退しないと!。
適当に根拠をでっちあげられて法人の資産をまるごと分捕られちゃうよ。
「労働組合が異様に強くてわがままでストライキばかりしているのに人件費ばかりが異様に高い国」
にもうメリットはないのでは?。
企業が撤退して在留邦人がいなくなればそのまま放っておけばよい。
邦人さえいなくなれば何の心配もないのと、韓国製品の代替なんていくらでもあるのだから。

こうなると、正規の国交がないのに日本に災害が起こるたびに本気で心配してくれる台湾の人たちの良さが際立つ。
隣人はこうでなくっちゃぁ・・・ねえ。

鬱陶しいだけの隣人なんて・・・要らない!。

そう言えば、大陸中国で台湾への個人旅行が禁止されたのだとか?。
台湾の現総統が大陸中国に飲み込まれるのを極端に嫌がっていることに対する意地悪。
あの国のいやがらせも筋金入りだからねぇ。

台湾がんばれ・・・台湾・・・加油!。

台湾へ行っても、少し前はマナーが極端に悪い大陸中国人にイライラさせられたが、
個人旅行が禁止されて少なくなるので丁度良い。
さあ・・・みんなで台湾旅行をして台湾の人たちを元気づけよう。

おっとっと、マナーが悪いのは団体旅行客で、これは禁止されていないとか?。
逆にしてくれればありがたいのに。
  
 

 

 

【大暑(たいしょ)と土用の丑(どようのうし)】
7月23日が「大暑(たいしょ)」で27日は「土用の丑」。
「うだるような暑さ」に汗グッショリ・・・例年ならそんな言葉がぴったりの季節なのだが、
今年はまだ「夏」が来ない・・・!・・・などと思っていたら今日はいきなりの30度超え。
暑かった!!!!!。

「空の水が空(カラ)になってしまうのではないか?」
と心配になるほど連日の雨だった。
たまに覗いた晴れ間もすぐに雲に覆われてしまい、
ジメジメと肌寒い日が続いていたのだが・・・!。

そもそも「大暑(たいしょ)」とは「蒸熱酷暑を感ず」と言うことで、
そして「土用の丑」は・・・そう・・・あれの日。
この日は季節の変わり目にあたる為に体調を崩しやすく、
ビタミンAやビタミンB群などが多く含まれているウナギを食べ、
夏バテを防止する・・・と言うことなのだ。

しかし、このところウナギは超のつく高級品で、なかなか庶民の口には入らない。
特に国産ウナギは高く、有名店でうな丼を注文すれば安くても4千円はする。
ウナギがこれほど高くなるなんて思いもしなかった。

さて、九州や関西では梅雨が明けたとか?。
しかし、来週の天気予報を確認して見ても当地ではおひさまマークはほとんど無し。
夏バテどころか湿気で体にはカビが生えてきそう。

そして、このところの日照不足で夏野菜の成長が損なわれ、
店頭ではまたまた野菜が値上がりしているらしいね。

「過ぎたるは及ばざるがごとし」。
雨不足も大変なのだが、降り過ぎるのも困ったもの。
とは言いながらも季節は必ず廻り来て待望の梅雨明けももうすぐだ。
閑古鳥が鳴いていた海水浴場やプールにも子供たちのはしゃぐ声が響く日もそ近い。

我が家の近所のりんご園のりんごもずいぶん大きくなった。

ringoen02.jpg

梅雨をやり過ごせば、あとは台風が来ないことを祈るのみ。
今年もうまいりんごが食べられるかな?。

【鬱陶しいけどこれがある】
梅雨と言えども、最近は局地的に集中してドッカーンと降ります。
ちょうど去年の今頃、私が海外へ出張している最中に大雨が降り、我が家のクルマ置き場が崩落、
大騒ぎになりました。

幸いなことに今年はまだ大丈夫・・・でも梅雨の真っ最中と言うことで油断はできません。

今日はそんな梅雨の雲も切れて空はからりと晴れ渡り、気温は30度を目指して上昇中。
このところ涼しい日が続いていたのでこの暑さは少々応えます。

こんな季節にできるのがこれ・・・!。

KIMG0018.jpg

最近では国産は超高級品になってしまい、スーパーの店頭ではアメリカ産あたりが幅を利かせていますが、
やはり採れたて新鮮な国産が一番!。

KIMG0021.jpg

どうです?・・・つややかで大粒なこのサクランボ。
早速いただきましたが、甘くて酸っぱくてもう・・・最高ですね。

鬱陶しい時期ですが、おいしいものもあるんです。