FC2ブログ
プロフィール

ファラオ南信州

Author:ファラオ南信州
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

信州ネットカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

田舎暮らしは男のロマン?女の不満?
南信州の山里で田舎暮らしをしている団塊の世代です。「田舎暮らし」と聞けば耳障りはいいのですが、生活習慣や価値観の違いで戸惑うこともしばしば。七転八倒、そんな田舎暮らしの様子をお届けいたします。
【キャッシュレス生活(8) 疑似インドネシア生活】
昨日と今日の2日間はとても忙しかった。
昨日は忙しすぎて食事も採れなかったので、コンビニでパンとコーヒーをnanacoで購入。
今日も出かけたついでにセブンイレブンでコーヒーを1杯・・・nanacoで。
と言うことで、ここ2日間は現金を全く使っていない・・・順調にキャッシュレス生活を送っている。

それにしても忙しかった、やっと今、一息つける。

ふとテレビを見ると「東京で570人」のテロップ。
いよいよ日本のコロナもヨーロッパ並みになってきた?。
これじゃあ、当分海外旅行へは行けそうにない。
海外旅行どころか、「不要不急の外出の自粛のお願い」なんて東京都知事が言っている。
国内旅行も危なそうで、GoToトラベルも風前の灯火かな?。

明日は昼に一件だけ出かける用事があるが、これが済めばしばらくは予定なし。
再び家籠り生活が始まりそう。

ところで、以前インドネシアへ行った折に、インドネシアのインスタント食品を買ってきた。

KIMG0300.jpg

日本で言うところの「袋麺」やスープの素、あるいはナシゴレンの素など色々。
そして、これらが結構おいしいので私も家族も皆さんそこそこ気に入っている。

KIMG0303.jpg

インドネシアへ行くたびにスーパーで買いだめしてくるので、我が家の戸棚には結構これらが溜まっている。
先ほど、どんなものが残っているかを確認しながら写真に撮って見た。

KIMG0311.jpg

と言うのも、明日から再び時間が余りそうなので、こいつらを片っ端から平らげてしまおうと言う算段。

とは言え、我が家では「世帯主は厨房へ入れず」状態で私は台所に立たせてもらえない。
理由はただひとつ・・・「汚い」からなのだそうだ。
おかげで何もしなくても良いので楽と言えば楽。
このインドネシアのインスタント食品の調理も息子をおだててやっていただくつもり。
彼は結構食い物にうるさく、インスタント食品でもきちんとマニュアルを読んでタイマーで時間を計りながら調理する。
食品メーカーが望む通りの調理方法で作り上げるので、ほぼ製造メーカーの狙い通りの味になる。
結果・・・うまい物はうまく、まずい物はまずくできる。

もっとも、インドネシア語なんて読めないので調理方法はこれらに限っては「いい加減」と言うことになるが、
それでも「これはうまかった」とか「これはイマイチだった」とか言うのですでにそこそこ味見をしているようだ。

明日からは、食事だけは「日本にいながらの疑似インドネシア生活」となりそうう。
一週間現地にいても特に食べ物に困ったことは無く、日本食が恋しくなったことも無いので、
毎日インドネシア風の食事でも多分大丈夫だろう。

これはこれで・・・結構楽しみではある。
 
 

スポンサーサイト



【キャッシュレス生活(7) 123円と145円】
昨日(24日)は愛知県出張だった。

「都市部へ行くのなら現金不要」とばかりにカードケースに千円札1枚を忍ばせ・・・さぁLet’s Go。
とは言うものの、目的地が一般家庭なので、手土産にとりんごを購入して持って行くことに。
ンッ・・・りんご代金の支払いには現金が要るよね・・・と数枚の千円札を追加。
一袋4Kg入りの「少々難あり自家食用」りんごを2袋購入・・・予定通り、現金で支払い。

ringo.jpg

まず出だしでキャッシュレス生活は崩壊。

クルマのガソリンがほとんど空だったが、当地のガソリン代は目が出るほど高い。
ここ最近は145円/Lと高止まり。
いつも愛知県へ行く時はほぼガソリンタンクが空の状態で行って、帰りに満タンにして帰ってくる。
大した金額ではないのだが・・・庶民の性とも言えようか?。

2袋のりんごは、目的のお客さんに一袋とインドネシア人の「ルディ君」に一袋。
ルディ君から今年の春に頼まれていたのを思い出し、持って行ってあげることにした。

目的地は一件だけ。
まずはコンビニで500mlのお茶をPayPayで購入。
ルディ君は夫婦とも仕事で出かけているのがわかっているので、彼の家の玄関にりんごを置き、
その足でお客さんの家へ向かう。

雑談をしながらおよそ2時間、無事に業務は完了。
「食事は済んだ?」
「いえ、朝が遅かったので今はお腹は空いていません。帰りにどこかへ寄って食べていきますよ」
「用意してあるから食べてってよ」
と言うことで、サンドイッチとコーヒーをいただいたが、
実は腹ずもりがあって、ここで満腹にするわけには行かない。

私が住んでいる飯田市近辺には「てんや」と「かつや」が無い。
せっかくだからと帰りに「かつや」のカツ丼を食して帰る予定なのだ。
「かつや」ではワンコインで卵とじのカツ丼が食べられる。

南信州の名物に「ソースカツ丼」と言うやつがあるが、私はこれよりも断然「卵とじ」派。
「カツ丼」はやはり「卵とじ」でないと・・・と言うのが私の持論なのだ。
それも出来立て熱々で、衣が少々揚がり過ぎくらいのサクサクがうまい。
半熟の卵がトロリとかかり、少し辛目のたれと卵の甘さがからみあってなんとも美味。
と言うことで、サンドイッチを半分に抑えて「かつや」へ一目散。

久々の「かつや」・・・いつものように安定したおいしさのカツ丼と豚汁をいただきました。
お腹もいっぱいになってさあ帰ろうと支払いに・・・ところが「かつや」ではPayPayが使えないようだ。
他のQRコード決済は使えるのだが、携帯キャリア系はどれもダメ。
クレジットカードは使えても「700円程でカード決済もないだろう」と言うことで、予備に持っていた千円札をここで使用。

本日2度目のキャッシュレス生活の挫折・・・残念。
現金を使わない外出と言うのはなかなか難しい。

駐車場から出ようとすると、目の前のガソリンスタンドの看板にはなんと「レギュラー123円」の文字。
迷わず満タンにして、支払いはクレジットカード…もう現金残ってないもの。

飯田市近辺のレギュラーガソリンの価格は145円/L。
愛知県では123円/L。
なんと・・・その差22円/L・・・およそ18%も安い。
なぜこんなに違うのか?・・・以前から疑問なのだが、いまだに納得できる答えは見つかっていない。

人間もクルマも満タンになって少々眠いが、さぁ・・・長い道のりを帰ろう。
ふー・・・腹いっぱい。
 
 
【キャッシュレス生活(6) ANAペイ】
航空会社が大ピンチである。
搭乗率は8割減とも9割減とも言われ、ボーナス減額は勿論、新規採用も中止だし希望退職者も募る。
その日本の航空会社の大手ANA(全日本空輸)が二次元バーコード決済に参入すると言うニュースがあった。

ANAがQR決済参入


我が国の2大航空会社はJALとANAで、
ご承知のようにJALは数年前に経営危機に陥り、国のテコ入れでV字回復を果たした。
ANAはと言えば、その様子を横目に海外国内の運行路線を増やし、
一時はJALに大差をつけて日本一の航空会社の地位を確保していた。
が、今回のコロナ過で、手を広げ過ぎたANAの方に傷が深く、赤字幅もとんでもない額になってしまった。

ところで、大手航空会社は自社ブランドでクレジットカードを発行している。
 JALカード
 ANAカード
がそれで、これらのカードでそれぞれの航空券を購入すると、他の決済方法よりも多くマイルが貯まると言う仕組み。
そして、ゴールドカードやプラチナカードなど、高ステータスのカード保有者は、
航空会社のステージが上がったり、マイル進呈率が高くなったり、優先チェックインや優先搭乗も条件によっては可能となる。

ダウンロード


飛行機に乗らずに、クレジットカードで日ごろの買い物をしマイルをためている人を「陸マイラー」と呼ぶそうだ。
この「陸マイラー」には必須のカードが航空会社が発行するこれらのカード。
一般のクレジットカードと比較してマイルの還元率が高く設定されている。

今回、ANAはこのカードと二次元バーコード決済をリンクさせるつもりらしい。

航空券の購入以外に、クレジットカードからのチャージや日常の買い物でマイルがたまると言う。
但し、チャージと決済を合算しても1%そこそこ。
年間100万円のチャージと決済で1万マイルが貯まると言うことになる。
年間100万円といえば、毎月平均で8万円以上の利用ということになる。
イオンカードやウォールマートカードなど、流通系のカードなら食料品や日用品の購入で8万円は難しくなさそうだ。
これらのカードは、割引やポイント付与で顧客の囲い込みが目的なので日常での使用率はとても高い。
一般の人にとって、航空会社のクレジットカードだけで毎月8万円以上買い物をするのはちょっとしんどい。

我が家はどうかと言えば、今回のマイナポイントを契機に、奥方殿にも現金決済でなくキャッシュレス決済を進めた結果、
毎月のクレジットカード引落金額は概ね8万円ほどになっている。

実は、現金決済の頃は家計費は奥方殿の財布から出ていたのだが、
カード決済になって一律私の口座から引き落としされるようになってしまった。
奥方殿は私が渡したカードとは別に数枚の流通系クレジットカードを保有しているのだが、
最近はこれらを使わずに私が渡したカードを頻繁に利用しているようだ。
その結果、カード利用金額の多くが私の口座から引き落とされるようになってしまった。
奥方殿は喜んでいるが・・・私にはちょっと辛い。

さて、ANAのバーコード決済、チャージがANAカードからしかできないようなら見送りだが、
他のカードからでもできるようなら一考の価値はある。

ANAはスターアライアンスに加盟していて、私のお気に入りの航空会社も少なくないので、
マイルを貯めるのにやぶさかではない。

さて、なじみのない航空会社のバーコード決済・・・果たして普及するのだろうか?。
 
 
【キャッシュレス生活(5) O型はコロナに感染しにくい?】
ネットのニュースにこんなのがあった。

「血液O型は低リスク? コロナ感染率、75万人調」

ほんとかよ。
運よく?私の血液型はO型だ。
75万人を調べて、O型は他の血液型と比較して9~18%感染リスクが低いと言う結果が出たそうだ。
ちょっとうれしい調査結果である。

アメリカではいよいよ12月中頃からワクチン接種が始まるらしい。
「ワクチンの有効性から見て、人口の70%ほどが免疫を獲得すれば生活が正常に戻る」
と言うことで、来年の5月頃には正常な生活に戻ることができるとも述べている。

有難いね~・・・日本は多少遅れるとしても、出口が見えたのは喜ばしい。
もうちょっとの我慢で正常に戻れると言うのはとてもうれしい。

が、一つ心配なのはワクチンの有効期間。
1回接種したワクチンはいつまで有効なんだろう。
あまり有効期間が短いと何度も接種しなければならないので、
お金もかかるし、面倒くさいし、そのうちにスキップする輩も出て来て再び元通りなんてことにもなりかねない。

開発にはべらぼうな費用が掛かっているはずなので製薬会社は当然高額な単価を設定するはず。
自費では経済的余裕がある人しか接種できない。
ワクチンの接種が無料になるかどうかがカギだ。
是非、政府の予算で実施してもらいたいものである。
それができなければせめて保険対応にしてほしい。
現状のPCR検査の費用のように、自費でウン万円と言われると摂取できる人は限られてしまう。
国民全員が接種してこそのワクチン効果なのだから。

さて、この未曽有うのコロナ過には少し明るさも見えてきたようだが、これを受けて次は経済再生である。
大手製造業は幾分元に戻っているようだが、サービス業は相変わらずの低空飛行状態。
今回のGoToキャンペーンが中止になると、それこそ自殺者が出ないとも限らない。
「コロナで死ぬか?、借金苦で死ぬか?」の選択を迫られるまで追い詰められないうちに何とかしてもらいたい。
特に、若い事業者には将来がある。
「天から降ってくる」ような救済策は彼らのためにはならないが、
必死で頑張っている人にはそれなりの対策を講じてもらいたい。
「持続化給付金」のような抜け穴だらけのバラマキではなく、
無利息や返済猶予などを総合的に盛り込んだ対策が望ましいのではなかろうか?。
役人が机の上で考えるのではなく、個々の事業者の意見を聞いて最善の策を実施してもらいたい。

さて、朝夕はめっきり冷え込み、いよいよ冬支度が迫られる山里。
ここ数日は小春日和が続いていたが、いよいよ本格的な寒さがやって来そうな雲行きだ。
北風が肌を刺す季節になると当地の農家ではあの「市田柿」の「吊るし」が始まる。
皮をむいた柿を専用の小屋やビニールハウスに吊るして水分が適度になるまで乾燥させるのだ。
この乾燥度合いが難しいらしく、それぞれの農家の秘伝となる。

ichidakaki1.jpg

「天竜川に川霧が立つ季節に市田柿がおいしくなる」と言うことで、
本格的な冬の訪れは本格的な市田柿の季節にもなるのだ。

当地特産の「市田柿」だが、最近では全国区のブランドに育ち、高級品として高い評価を得ているようだ。
今年は春先の開花期に遅霜が降りて花がだめになってしまったところが多いらしく、
原料になる柿の収穫量がずいぶん減ってしまったとか?。
その結果、製品になる市田柿の出荷量も減るはずなので、ひょっとしたら高値を呼ぶのかも知れない。
あまり高くなると庶民にはなかなか手の届かない高級品になってしまう。
そもそもがそんな生い立ちの食べ物ではないので、気軽に皆さんが召し上がれる値段であってほしいと願う。

昔は干し柿があまり好きではなかったが、当地へ来てからこの市田柿をおいしいと思うようになった。
若い人はあまり食べないようなので、主に高齢者が嗜好する食べ物と言う印象が強い。
私も食べるようになったのは年齢を重ねてからだった。

柔らかで何とも言えない天然の甘さが魅力の「市田柿」。
海外でも好評だそうだ。
毎年何件かの農家さんから頂ける・・・今年もおいしくいただこう。

今日はキャッシュレス生活には何ら関係ない話題だった。
時間があれば続編でその辺のところを改めて・・・!。
 
 

【キャッシュレス生活(4) 結構コンビニにはまっている】
大阪で一日の新規コロナ感染者数が東京を超えた・・・500人に迫ろうと言う勢いだ。
こんな状況ではイケメン吉村知事も焦るだろうね。
GoToキャンペーンの見直しも論じられていて、札幌目的の旅行を対象から外す案が検討されているようだ。
それなら、東京・大阪・名古屋はどうなの?っと突っ込みたくなる。

いっそのこと、いったんリセットして予算を残し、コロナが落ち着いてから再開したらどうだろう。
私は政治家ではないのでどうしても近視眼的な見方になってしまうが、
とりあえずはコロナ対策が第一ではないだろうか?。

ファイザー製薬やモデルナ社、アストラゼネカ社等、欧米諸国のワクチン承認申請も進んでいると聞く。
中国やロシアのワクチンはそのまま信用する気になれないが、欧米製なら少しは信用度が高い・・・と私は考えている。
国産のワクチン開発はなかなかはかどらないようなので、とりあえずは最も早そうな欧米製ワクチンを導入すべき。
そして、一定量のワクチンが行きわたったころ合いで一気に景気浮揚対策を打つべきなのでは?。

それまではなんとか助成金や補助金で弱者救済策をとってもらいたい。
もっとも、財源云々と言われてしまうと、先ほども述べたように、私は政治家ではないのでわからない。
予算を管理しなければならない行政職員や議員連中は責任があるのでうかつなことは言えないけど、
素人は責任を取らされる事は無いので言いたいことが言える!。

話は変わるが、私の住んでいる南信州はりんごの一大産地。
中京都市圏に近く、観光農業も盛んである。
ちょうど今頃がりんごの「サンふじ」の最盛期で都会から多くの人が「りんご狩り」に訪れる。

私のクライアントの中にも「りんご農家」が何件かあって、この三連休がお客さんのピークだ。
例年なら私も請われてりんご狩り農園にお手伝いに行くのだが、今年はお断りをしている。
都市部からのお客さんが多いと言うことで、奥方殿が「やめておけ」とうるさく言うからだ。
確かに「持病持ち」は重症化のリスクが高いが、室内ではないので「密」の心配は無く、
手指の消毒とマスク着用で何とかなるとは思うのだが、あまり大げさに言うので今年は辞退させていただいた。
よその事で夫婦喧嘩になっても・・・ねぇ。

ところで、実はちょっと買い物があって、お昼にコンビニへ行ったのだが、
その途中にある一件のりんご農家さんの前を通ったら、駐車場は県外ナンバーのクルマであふれていた。
この三連休、あてにされていたことは分かっていたのでちょっと「申し訳ない」気持ち。

さて、私がいつも使っているクレジットカードは「アメリカンエキスプレス」。

amex.jpg

このクレジットカード会社はしょっちゅう色々なキャンペーンをやっていて、
先日GoToトラベルを使って横浜へ行ったのも、もとはと言えば「アメリカンエキスプレス」のキャンペーンが導火線。
ヒルトングループ・IHG(インターコンチネンタルなど)グループ・ウエスティンなどの高級ホテルに宿泊すると、
7千円~9千円のキャッシュバックをもらえると言うのでその気になってしまったのだ。

そこで、キャッシュバック含みで横浜グランドインターコンチネンタルを予約したのだが、
娘の休みの日程をはじめ色々あってロイヤルパークホテルに変えてしまった。
この段階でキャッシュバックをもらえないことになってしまったが、
GoToトラベルでかなりお安くなったので「まぁいいか?」と流されてしまった。
行くぞーと言う気持ちになってしまったので中止はできなかったが・・・ちょっともったいない事をした。

幸いなことにコロナには感染していなかったのが救い。
これで感染して帰ってきたら本当にバカみたいだもの。

そして「アメリカンエキスプレス」の今は・・・こんなキャンペーンを実施中。
セブン-イレブン
ロイヤルホスト
天丼てんや
カウボーイ家族
シズラー・シェーキーズ
等の店舗で千円以上アメリカンエキスプレスカードで支払うと20%のキャッシュバックが受けられる。
20%は結構おいしい・・・が、当地には上記一覧の中ではセブン-イレブンしか無い。

よって、細かな買い物はなるべく千円以上になるようまとめてセブンイレブンで買うようにしている。
なんかけち臭いけど・・・こういったキャンペーン・・・けっこう効くんだよね。

とは言っても・・・コンビニではなかなか千円を超える買い物にはならない。
それに、千円ばかりの買い物でクレジットカード支払いはちょっと気後れする。

おにぎりやスイーツを無理に買って金額を膨らませるのって本末転倒なのだが、
そうでもしないと必要な物だけではなかなか千円を超えない。

もっとも、おにぎりはともかく、最近のコンビニスイーツは馬鹿にできない。
物によっては専門店に勝るとも劣らないほどの出来映えなのだ。
ナナチキなどチキチキン系のスナックも悪くない・・・息子の大好物。
そうそう・・・コーヒーも「グァテマラ」はうまい・・・20円高いけど。

な~んてことで・・・このキャンペーンで結構コンビニにはまっている。
結局は買わなくても良いものを買っている・・・てことはわかっているけど・・・やめられない!。