FC2ブログ
プロフィール

ファラオ南信州

Author:ファラオ南信州
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

信州ネットカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

田舎暮らしは男のロマン?女の不満?
南信州の山里で田舎暮らしをしている団塊の世代です。「田舎暮らし」と聞けば耳障りはいいのですが、生活習慣や価値観の違いで戸惑うこともしばしば。七転八倒、そんな田舎暮らしの様子をお届けいたします。
【天井裏の動物】
田舎では時々天井裏に動物が済みこむことがある。
多くの場合が「ハクビシン」だ。

とにかくこいつは始末が悪い。
天井裏に住み着くと、同じ位置おしっこやウンチをで垂れ流す。
天井裏からぽたりぽたりと妙な液体が流れてくることもあるらしい。

ところで、毎年冬になると、我が家の天井からもガタリガタリと音がする。
「すわハクビシン」と最初は少々緊張した。
おそるおそる天井裏を除いてみると、なんと猫がいた。

「猫がいればハクビシンが来ないからかえって良いか?」
などと最初は安心していたが、今回は少々様子が違った。
なんとなんと、子猫の鳴き声がする。
どうやら天井裏で出産してしまったようだ。

しかし、猫は普通2~3匹の子供を産むはずだが、鳴き声は一匹だけ。
そして、発生源を探索してみると、天井裏ではなくて床に近い一の壁の中。
あやまって壁の隙間に転落してしまったようだ。

昼も夜も、ミャーミャーとうるさいのなんの。

「このまま放っておけば死んでしまうかもしれない」
と言うことで、近所の大工さんにお願いして子猫の救出作戦スタート。

鳴き声がする位置を探り当てて壁の一部を切り取ったら、居た居た・・・小さな子猫が一匹。
なんとか救い出したが・・・さて・・・こいつをどうする?。

段ボール箱に入れて外に出した途端、親猫らしき猫がこちらをじっとうかがっているではないか?。

neko.jpg

子猫をそのままにして家の中に入り様子を見ていると、親猫らしき猫が子猫を加えてどこかへ連れ去った。

「人間の匂いが付くと親猫は育児を放棄するらしい」と息子がネットで調べていたので、
取り出すときに大工さんは手袋をして匂いがつかないように気配りをしていた。
どうやらこれが良かったようだ。

子猫は無事に親の元へ帰ることができてまずはめでたし。
しかし、次回、また妊娠した猫が天井に入るとまずい。
が、古い田舎家なので天井裏への入り口は無数にある。
どうやったら防ぐことができるか・・・?。
これが今後の課題。
 


スポンサーサイト



【おいしくてデカイケーキが食べたい】
家から一歩も出なかった訳ではないが、それでも「不要不急」かどうかは多少気にしていたので、ちょっぴりイライラが溜まり気味。
奥方殿も同様らしく、「今日の予定は?」と聞いてきた。
「ヒマでヒマでな~んにもすることが無い。時間が余ってるからお金と交換できないかな?」。
「私だって時間は有り余るほどあるよ」・・・だって。

我が家からクルマで1時間ほどの飯島という「町」と言うより「村」に近いと思われる田舎においしいケーキ屋さんがある。
「信州里の果工房」と言う。

satonoka.jpg


中津川市の栗きんとんの名店「川上屋」が主体の第三セクターだと聞いているが定かではない。
長野市の善光寺門前町にも支店があるらしい。

このケーキ屋さんでは、好きなケーキを選んでその代金に幾らかプラスすると飲み物がセットにでき、
店内でケーキを食べることができる。

この年で生クリームだのチーズだのが大好きな私・・・ケーキにも目が無い。
家にいてばかりで退屈なので「たまにはケーキでも食べに行こうよ」
と言い続けていたのだが、先日の緊急事態宣言の解除でようやく実現となった。

出かける時間が遅かったので店に到着した時には少し日が傾いていた。
残念ながら、ケーキの選択肢がいくらか狭まっていたが、それでも念願のおいしいケーキにありつけて満足。

ここ・・・お値段は少々お高めなのだが、ケーキもその分大きいので食べ応えがある。
食いしん坊の私にはぴったりの店なのだ。

2つ目も行こうとしたら奥方殿に叱られた。
「こんなものばかり食べてると糖尿病になるよ!」だって。

病気になっても良いからもう一個・・・食べたいよ~!。

 



【この時期に雪】
多分30度を超えたのだろう。
とにかく暑い。
毎年GW前後には最高気温が30度近い日が出現するのだが、今年も例外ではなかった。

朝の最低気温は10度あたりだったので、上下で20度を超える差がある。
心も体も夏の準備はできていない・・・犬を散歩に連れて行くだけで汗びっしょり。

ところで、当地ではりんごの栽培が盛んで、秋になるととてもおいしいりんごが収穫できる。
そのりんごの花が今まさに盛りを迎えている。
道路の両側のりんご園は白く染められ、まるで雪が積もっているように見える。

appleanow.jpg

例年、この時期には県外ナンバーの車が多く行きかうのだが、今年はとんと見受けられない。
新型コロナウイルス蔓延による自粛で観光客がほとんど来ないのだ。

気持ち悪いほど静かなゴールデンウイーク・・・こんな状態がいつまで続くのだろう?。

緊急事態宣言の終わりもまだまだ見えそうにない。
 


【田舎のカフェ風(ふう)】
「Stay Home」とは言われているけれど、とにかく退屈。
「たまには風(ふう)へコーヒーでも飲みに行こうか?」
と相成ったが・・・まずは営業しているかどうかの確認をせねば!。

「開いてますよ・・・ひっそりとね」

との事で奥方殿とちょっぴりお出かけ。
「風」は歩いても行ける距離にあるカフェで「風」と書いて「ふう」と読む。

fuu1.jpg

愛知県からアイターンで当地へやって来て、ご夫婦でこのカフェを始めて数年、
年齢も我々と同じくらいで、こちらのママさんと我が奥方殿とは気が合うらしく、
毎度毎度おしゃべりに花が咲く。

「せっかく一輪草」がきれいに咲いたのに、自粛自粛でお客さんが来ないんだよ」
との事。

Fuu2.jpg


地元の人たちはカフェとか喫茶店でコーヒーを飲む習慣が無く、
お客さんは主に我々のような他所から来た連中か遠方の人。
今回のコロナ騒ぎで遠出がしにくくなっているせいだろうか?、ヒマなのだそうだ。

近くの方でコーヒーが飲みたくなったらお立ちよりいただければと思います。
が・・・夫婦だけでやっているこじんまりとしたカフェなので、
大勢で押しかけられても困るそうだ。

適当に「疎」を保ちつつ、「密」を避けておいしいコーヒーを楽しもう。


【薄紫の藤棚の~】
テレビでこんなニュースを放送していた。

福岡県八女市にある国指定天然記念物「黒木の大藤」が盛りを迎えているが、
新型コロナウイルスが感染しやすくなる密集を避けるため、
美しく咲いた花を刈り取ってしまったとか?。

ここ八女市の素盞嗚神社とその周辺には、樹齢600年を超す大木を含む約3千平方メートルの藤棚が広がり、
長さ1メートルほどの淡い紫の花房が、甘い香りを漂わせて風に揺れれ、
例年、4月中旬から5月初旬には「八女黒木大藤まつり」が催され、例年約20万人ほどが訪れるそうだ。

が・・・今年はまつりも中止となり、藤の花も「人が集まるから」と言う理由で刈り取られてしまった。
あな無残・・・これもコロナ禍が原因。

ところで、当地にも藤の花の名所があって、毎年奥方殿と花を見に行っていた。
我が家からクルマで10分ほどにあるお寺「開善寺」の庭園に見事な藤棚があって、
毎年美しい薄紫の藤の花を咲かせている。

fuji03.jpg
※昨年の画像です。

fuji02.jpg
※昨年の画像です。

今年もあの草餅・・・売ってるかなぁ?・・・あれ・・・本当にうまいんです、はい。
 
fuji04.jpg
※昨年の画像です。

そうそう、「薄紫の藤棚」と言うと我々の年代はあの歌を思い出す。
もう・・・今となってはご存知の方も少なくなってしまったのではないだろうか?。
安達明が唄う「女学生」がそれ・・・。

クリック → https://www.youtube.com/watch?v=SbBLmdWCkl8

若き日の吉永小百合さんの制服姿が可愛すぎる・・・安達明の歌はへたくそだけどね。

歌詞が泣けるねぇ。
「薄紫の藤棚の~下で歌ったアベマリア~」・・・だって?。
歌詞を聞くだけでちょっと恥ずかしくなる・・・こんな私にも純な青春時代はあったのだぁ。
今では見る影もないが?。